スマホ

【Xiaomi:MIUI困った時の設定】Mi 11 Lite 5G/Redmi Note 10 Proなど

矢sX
こんにちは。矢sXです!
今回は、Xiaomi端末を使っていて困った時の設定方法をご紹介します!

Mi 11 Lite 5GRedmi Note 10 Pro含めXiaomi端末は、従来のAndroidをカスタムした「MIUI」が搭載されています。

しかし、何か問題が起きたときに、他社製のAndroid端末とは設定が異なりよく分からないことがあるかと思います。

この記事では、そのようなXiaomi製スマートフォンで問題が起きたときの対処法をいくつかをご紹介します。

Redmi Note 10 Pro 最初にやるオススメ設定10選

MIUI12:一部アプリのダークモードが見にくい or ダークモードにしたくない

ダークモードに設定すると、すべてのアプリの黒色と白色が反転してしまい、中には見にくくなってしまうものもあります。また、単純にダークモードにしたくないアプリもありますよね。

そういう場合は、個別にダークモードをOFFにできます。

設定 ▷ ディスプレイ ▷ その他のダークモードオプション ▷ 各アプリのスイッチをON/OFF

設定方法は以上の通り。設定から「ディスプレイ」を開くと、上の方に「その他のダークモードオプション」が出てくるので開きましょう。

すると、個別のアプリが縦に並び、右側にダークモードON/OFFのスイッチがあるので、ダークモードにしたくないアプリのスイッチをOFFにしましょう。

MIUI12:ホーム画面上のアプリが消えてしまう or 移動してしまう

誤タップ等により、ホーム画面のアプリが消えてしまったり、位置が移動してしまうことがあります。

ホームアプリのレイアウトが崩れないようにロックしておけば、このようなトラブルがなくなるので、おすすめです。

矢sX
ちなみに筆者の母親はよくこのミスをしています...。

設定 ▷ ホーム画面 ▷ ホーム画面のレイアウトをロックをONに

設定方法は以上の通り。設定から「ホーム画面」を開くと、上から6番目辺りに「ホーム画面のレイアウトをロック」が出てくるのでスイッチをONにしましょう。

これでホーム画面のレイアウトがロックされ、間違って消してしまう or 移動させてしまうこともなくなります。

MIUI12:テザリング(ホットスポット)が使えない

Xiaomi端末特有の問題ですが、テザリング(ホットスポット)が機能しないことがあります。この問題を解決するためにはAPN設定をいじる必要があります。

設定 ▷ SIMカードとモバイルネットワーク ▷ データ通信に使用しているSIMカードを選択 ▷ アクセスポイント名

まず、設定から「SIMカードとモバイルネットワーク」を開くと、一番上に挿しているSIMが表示されます。データ通信に使用しているSIMを選択し、「アクセスポイント名」を開きましょう。

使用しているAPNを選択 ▷ MVNOの種類 ▷ SPNを選択

端末に保存されているアクセスポイント名(APN)が表示されるので、使用しているAPN(チェックが入っているもの)を選択下から二番目に「MVNOの種類」があるので、タップし「SPN」を選択してください。

SPNを選択して戻ると、「APNの変更を保存しますか?」と表示されるのでOKを選択して完了です。これでテザリングが使用可能になります。

MIUI12:アプリを常駐させたい or 通知が来ない

重要な通知がよく来るアプリや、常にバックグラウンド起動していてほしいアプリ等が、いつの間にか閉じていたりすると厄介ですよね。

そんな時は「自動起動」の設定を行いましょう。

設定 ▷ アプリ ▷ アクセス許可 ▷ 自動起動

まず、設定から「アプリ」を開くと、上から4番目辺りに「アクセス許可」が出てくるので開きましょう。すると、一番上に「自動起動」があるので更に開きましょう。

自動起動の設定画面が表示されました。個別のアプリが縦に並び、右側に自動起動ON/OFFのスイッチがあるので、自動起動させたいアプリのスイッチをONにしましょう。

これでスマートフォンを開くたびに、アプリがバックグラウンドで自動起動するようになります。

MIUI12:アプリが起動しない or インストールできない

一部のアプリが起動しなかったり、インストールできない問題が発生した場合の対処法です。100%解決する方法とは言えないかもしれませんが、とりあえずこの方法を試してみてください。

手順は「開発者オプション」を有効にすることと、「MIUIの最適化」をOFFにすることの2ステップです。

設定 ▷ デバイス情報 ▷ MIUIバージョンを7回タップ

まずは「開発者オプション」を有効にする必要があります。設定から「デバイス情報」を開くと、上の方に「MIUIバージョン」が表示されています。7回タップしましょう。「これでデベロッパーになりました!」と表示されたらOKです。

設定 ▷ 追加設定 ▷ 開発者向けオプション ▷ MIUIの最適化をオンにするのスイッチをOFFに

次にMIUIの最適化をOFFにします。設定から「追加設定」を開くと、一番下辺りに「開発者向けオプション」が出てくるので開きましょう。すると、下から3番目辺りに「MIUIの最適化をオンにする」があるので、スイッチをOFFにしましょう。

これで、起動しなかったアプリが起動できるようになる or インストールできなかったアプリをインストールできるようになる場合があります。

開発者オプションは変なところをいじると動作に支障が出てくる場合があります。やることが終われば「開発者オプション」のスイッチをOFFにしておくことをおすすめします。

なお、この方法で起動できるようになったアプリは、MIUIの最適化を再びONにしても起動できるはずです。もしも、再び起動できなくなった場合は、同じ方法を試してください。

MIUI12:Googleに繋がらない

Xiaomi端末は、初期設定時に「ログインできませんでした。Googleサーバーとの通信中に問題が発生しました。しばらくしてからもう一度お試しください。」と表示され、Googleに繋がらないことがあります。

一度SIMを挿してみましょう。Googleに繋がるようになるはずです。

【Redmi Note 10 Proおすすめケースレビュー】レザー調、マット、クリア等々

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

矢sX

Xiaomiが大好き!スマートフォンやガジェットのブロガーです。皆さんに、Xiaomi製品の最新情報や、レビュー、オトク情報などをお届けします!

オススメ記事

-スマホ

© 2021 プラグマライフ Powered by AFFINGER5