コラム スマホ

Google Pixel 7aで原神は快適?実機で検証してみると意外な結果に......

本記事は広告・アフィリエイトプログラムで収益を得ています。あらかじめご了承ください。

話題のGoogle新型スマホ「Pixel 7a」を購入したので、最も重いと言われる3Dゲーム「原神」の動作チェックを行いました。

原神プレイヤーでスマホ選びに悩んでいる方はぜひご覧ください。

やずX
やずXです。Twitterでも情報発信しているので、よろしければフォローお願いします!

ベンチマークは70万点以上

まずは、よく知られるベンチマークアプリ「AnTuTu(Ver.9)」を使ってGoogle Pixel 7aの処理性能を測ってみました。

3回連続で行ったところ、いずれも70万点以上という高めのスコアを記録しました。最上位機種のGoogle Pixel 7 Proと同じハイエンドSoC「Google Tensor G2」を搭載していることもあり、6万円台の廉価機種としてはかなり高いスコアです。

とは言え、Pixel 7 Proは80万点以上のスコアを記録していたので、それと比べればPixel 7aは少し物足りません。回数を重ねるごとにスコアが下がっていることからも、発熱に比例して性能を制限することで発熱対策をしているようです。

▽Google Pixel 7aをお得に購入するキャンペーン・セールまとめ

原神で動作チェック

しかしながらベンチマークはあくまで目安。Googleはベンチマークを重視しないと明言しているので、中国メーカーのように特別な最適化を行っていないと思われます。そのため、ベンチマークスコアの性能が多少物足りなくても、実際のゲームプレイでは予想以上に快適かもしれません。

というわけで、実際に原神で動作を確認してみます。最高画質+最大60FPS設定で、比較的動作の軽いフィールド「モンド」と、重めな「スメール」で検証しました。検証ツールは「TakoStats」です。

モンド:派手なエフェクトで不安定になる

プレイ時間はおよそ15分で、フィールドをマラソンしつつ出会った敵とも戦っています。

モンドでは平均して約30FPSで動作。バッテリーおよび表面温度は40度台前半と常識の範囲内です。

▽ゲーム開始直後。50FPS以上出ている

ゲーム開始直後や全く操作していない状態では、50FPS以上出ることもあったのですが、フィールドを移動していたり戦闘を行ったりしていると、20FPS台になることもしばしば。

特に元素爆発等の派手なエフェクトが発生すると、15FPSくらいまで一時的に下がることもありました。

▽派手なエフェクト。処理落ちで16.5FPSに低下

スメール:処理落ちが目立つ

次に動作が重くなりがちなスメール。モンドと同じくプレイ時間はおよそ15分で、フィールドをマラソンしつつ出会った敵とも戦っています。

スメールでは平均して約27FPSで動作。やはりモンドと比べると全体的に動きは悪い感じです。

特に派手なエフェクトが入った際や敵の数が多いシーンでは、ガクガクッとした処理落ちが目立ち、その頻度がモンドよりも多く感じられました。

正直なところ、Google Pixel 7aの最高画質設定は快適ではありません

なお、発熱については1時間程度のプレイで最高でもバッテリー温度45℃程度でした。極端な発熱は無いものの、ハードウェアによる冷却ではなく、意図的に性能を落とすことで発熱を制御している傾向が強そうです。

画質を低に落としてみると......

最高画質は少々無理があることが分かったので、デフォルトの低まで落としてプレイしてみました。

フィールドはモンドです。

動作には一定の改善が見られ、平均して約33FPSを記録しました。

特に大きく改善した点は派手なエフェクトが発生した際の処理落ち。処理落ち自体は起こすものの極端にガクガクッとはならず、その頻度も少ない印象でした。

最高画質に慣れていると、低まで落としてしまうと物足りないのですが、ゲームのプレイ自体は快適になるので、Google Pixel 7aの場合はこちらの方がオススメ。また、戦闘中は30FPSを超えることもほとんど無いため、フレームレートも30FPSに限定してしまった方が良いでしょう。

まとめ:はっきり言って微妙

以上、Google Pixel 7aでの原神の動作チェックでした。

結論は、最高画質設定では一応動くが快適とは言い難い動作。一方、画質をデフォルトの低まで落とすとある程度快適に遊べました。

70万点というベンチマークスコアから想像するよりも実際のパフォーマンスは低く、高画質で快適なゲームプレイを期待すると肩透かしになるでしょう。とは言え、Google Pixel 7aは発売されたばかりのスマホなので、今後の最適化で改善することに期待したいと思います。

以上、参考になりましたら幸いです。

▽Google Pixel 7aをお得に購入するキャンペーン・セールまとめ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiモノづくり研究所研究員(2022年〜)で、スマホの専門家。スマホを実際に使って評価しています。ニュース記事は、信頼性の高いソースを元に独自の視点を加えて書いています。 ↓X(Twitter)でも情報発信中!

オススメ記事

-コラム, スマホ
-