スマホ

【2021年最新】Xiaomiスマートフォン・シリーズのリネームモデルまとめ

Xiaomi製スマートフォンは、対応周波数等一部スペックを除いて、ほぼ同様でも名称が異なるもの(いわゆるリネーム/リブランド・モデル)が複数あり、非常に複雑でややこしいものになっています。

この記事では、リネームモデルが実質的にどの端末と同じものなのか表にまとめて解説します。

【売り切れ前に急げ!】Redmi Note 10 Pro特価セール情報まとめ

Miシリーズ

※タッチ or クリックで拡大

MiシリーズはXiaomiの技術力を象徴するフラッグシップモデルで、現行の最新シリーズは「Mi 11シリーズ」です。また、「Mi 10シリーズ」として発表されているものも少数あります。

2021年初頭にインドで発表されたMi 10 i 5Gは、昨年に中国で発表されたRedmi Note 9 Pro 5Gのリネームモデルです。

その他は、全て中国で発表された「Redmi K40シリーズ」のリネームモデルで、主にヨーロッパ流通のMi 11iがRedmi K40 Pro+のリネームモデルインドで流通するMi 11 X / Proが、それぞれ、Redmi K40 / Pro+のリネームモデルになります。したがって、Mi 11iとMi 11 X Proもほぼ同様のモデルになります。また、Redmi K40のグローバルモデルがPoco F3です。

なお、中国でのMi 11 Lite 5Gは、「小米11青春版(Mi 11 Youth Edition)」として展開しています。

小括

✅Mi 10i 5G ≒ Redmi Note 9 Pro 5G

✅Mi 11i ≒ Mi 11 X Pro ≒ Redmi K40 Pro+

✅Mi 11 X ≒ Redmi K40

Redmiシリーズ

※タッチ or クリックで拡大

RedmiシリーズはXiaomiのスマートフォン界でもトップクラスのコスパを実現しているシリーズで、2021年に発表されているものは「Redmi 9シリーズ」から2機種「Redmi K40シリーズ」から3機種になります。

インドで発表されたエントリー端末のRedmi 9 Powerと、グローバル展開されているRedmi 9Tは同様のモデルで、昨年中国で発表されたRedmi Note 9 4Gのリネームモデルとなります。

中国で発表されたRedmi K40シリーズはハイスペックSoCのSnapdragon870 / 888を搭載しながら低価格を実現したフラッグシップキラー。

Redmi K40がインドではMi 11 X、グローバルではPoco F3として展開Redmi K40 Pro+が、Mi 11i / Mi 11 X Proとして、それぞれヨーロッパ、インドで展開されています。Redmi K40 Proについては、現状リネームモデルはありません。

小括

✅Redmi 9 Power ≒ Redmi 9T ≒ Redmi Note 9 4G

✅Redmi K40 ≒ Mi 11 X ≒ Poco F3

✅Redmi K40 Pro+ ≒ Mi 11i ≒ Mi 11 X Pro

Redmi Noteシリーズ

※タッチ or クリックで拡大

Redmi Noteシリーズは、低価格ながら良好なパフォーマンスを発揮するミドル or ミドルハイ・スペックのシリーズで、世界中で人気があります。

2021年初頭にグローバル発表されたRedmi Note 9Tは、昨年中国で発表されたRedmi Note 9 5Gのリネームモデルです。

グローバルで展開するRedmi Note 10シリーズは、インドのみ異なるバリエーション・名称で展開されており、非常にややこしくなっています。

Redmi Note 10については同じですが、108MPカメラを搭載したグローバル展開のRedmi Note 10 Proが、インドではRedmi Note 10 Pro Maxとして展開しています。

Helio G95を搭載したRedmi Note 10S、シリーズで現状唯一5G対応のRedmi Note 10 5Gはインドでは展開していませんが、インドでは64MPカメラを搭載したモデルがRedmi Note 10 Proとして展開しています。

小括

✅Redmi Note 10 Proはグローバル/インドで同じ

✅Redmi Note 10 Pro(グローバル)≒ Redmi Note 10 Pro Max(インド)

✅Redmi Note 10S、Redmi Note 10 5Gはグローバルのみ

✅Redmi Note 10 Pro(64MP)はインドのみ

Pocoシリーズ

※タッチ or クリックで拡大

Pocoシリーズは、Redmi Kシリーズと同様にハイスペックSoCを搭載したフラッグシップキラーで知られています。展開先が異なり、Redmi Kシリーズは中国、Pocoシリーズはグローバルで展開しています。

2021年のPocoシリーズは現状2機種しかないので単純です。Poco F3がRedmi K40のリネームモデルで、インド展開のMi 11 Xとも同様です。Poco X3 Proは現状同様のモデルがない機種で、Snapdragon860という4GのハイスペックSoCを搭載しています。

小括

✅Poco F3 ≒ Mi 11 X ≒ Redmi K40

✅Poco X3 Proはリネームモデルなし

【売り切れ前に急げ!】Redmi Note 10 Pro特価セール情報まとめ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

矢sX

Xiaomiが大好き!スマートフォンやガジェットのブロガーです。皆さんに、Xiaomi製品の最新情報や、レビュー、オトク情報などをお届けします!

-スマホ

© 2021 プラグマライフ Powered by AFFINGER5