スマホ

【Xiaomiカメラの実力】シャオミスマホなら誰でも秒でインスタ映え!

矢sX
こんにちは。矢sXす!
今回は誰でも簡単にインスタ映えするような写真が撮れてしまうシャオミ製スマートフォンと、そのカメラ機能をご紹介します!

最近のスマートフォンのカメラは進化が著しく、世界中のメーカーがしのぎを削っています。そんな中、2019年末に日本に初上陸した企業が「Xiaomi(シャオミ)」です。日本ではあまり知られていませんが、安価ながら高性能なCPU、高機能なカメラを搭載しており、ここ最近の販売シェアではAppleを抜き世界第三位のメーカーとなっています。

そこで今回はシャオミのカメラの実力がどれほどのものかご紹介したいと思います。では実際にシャオミ製スマートフォンで撮影した写真をご覧ください。

いかがでしょうか?手前味噌ながらカラフルで美しい写真が撮れていると思います。実は、これらの写真はすべて撮影後に色味を補正しているのですが、プリインストールされているギャラリーアプリで簡単に補正できてしまうのがシャオミ製スマートフォンのすごさです。

なお、この記事で掲載されている写真は「Redmi Note 9s」「Redmi Note 9 Pro 5G」のものになります。いずれも2万円台で販売されている端末で、前者は日本国内でも販売されています。

シャオミ製スマートフォンはそもそもカメラが優秀

カメラが優秀な理由

シャオミ製スマートフォンは、その多くが4800万~1億800万画素の超高画素のメインカメラを搭載しています。加えて優秀なカメラソフト・AIを搭載しているため、シャッターを押すだけで色味やボケ感など自動で補正された美しい写真が撮れてしまいます。

そして、そのカメラソフトを下支えするのが優秀なCPUです。少なくとも日本国内で発売されているシャオミ製スマートフォンについては、それぞれ「Snapdragon 720G、730G、765G」というハイミッドレンジ帯のCPUを搭載しており処理能力に不足はありません。

オート撮影の作例

 

実際にAIおまかせのオートで撮影してみました。撮影端末は日本国内最安の「Redmi Note 9s」ですが、いずれも色鮮やかでコントラストのはっきりした美しい写真になっていますよね。

シャオミ製スマホのギャラリーアプリは色調補正が簡単

そしてギャラリーアプリでは手動で色調補正が可能なのですが、これが非常に優秀です。「Lightroom」のような有料ソフトを使わずとも、以下のような色調補正が簡単にできてしまいます。

左:補正前 右:補正後

やり方は簡単。以下の動画のように、「ギャラリー」アプリを開く→写真を選ぶ→左から2番目のアイコン(編集)をタップ→左側へスクロールし「調整」アイコンをタップ。後は「明るさ」等それぞれの項目を好きなようにいじるだけです。

例えば次の作例では、それぞれの項目を以下のように補正しています。

左:補正前 右:補正後

各項目の補正値

明るさ    -100 
シャープ    50
コントラスト  30
彩度      75
ビネット     100

さらには、以下のように上下に黒帯のついた映画風の写真まで。これは撮影時でも撮影後でも可能です。

 

シャオミ製スマホのギャラリーアプリは空も簡単に加工できる

矢sX
旅行でいっぱい写真を撮ったけれど、あいにく曇りで見栄えが良くない...。そんな経験はありませんか?

なんとシャオミなら優秀なAIが空もキレイに加工してくれるんです!

 

いかがですか?一枚目の曇りの写真が「青空」「虹」「夜空」と自由自在に変更出来てしまいます。他にもたくさんフィルターがあり、40種類以上の変化を楽しむことができます。

やり方は簡単。以下の動画のように、「ギャラリー」アプリを開く→写真を選ぶ→左から2番目のアイコン(編集)をタップ→「空」をタップし、好きなフィルターを選ぶだけです。

そして、こんな動画も・・・!それぞれのフィルターに応じた音楽も設定されているので、ただフィルターを選ぶだけで良い雰囲気のショートムービーができてしまいます。難しい技術は一切必要ありません。

※再生ボタンを押すと音が流れます。

日本で買えるシャオミ製スマホは?

日本ではシャオミの日本法人が4種類のSIMフリーモデルと、1種類のau専売のキャリアモデルを販売しています。それぞれを簡易な表にまとめたのでご確認ください。

 

  価格 対応SIM カメラ CPU 備考
Redmi Note 9s 約2.5万円~ SIMフリー クアッド (四眼)
4800万画素
Snapdragon 720G 最安モデル
液晶ディスプレイ
Mi Note 10 Lite 約4万円以下 SIMフリー クアッド (四眼)
6400万画素
Snapdragon 730G 有機ELディスプレイ
Mi Note 10 約5万円前後 SIMフリー ペンタ (五眼)
1億800万画素
Snapdragon 730G 有機ELディスプレイ
Mi Note 10 Pro 約6.5万円前後 SIMフリー ペンタ (五眼)
1億800万画素
Snapdragon 730G 有機ELディスプレイ
Mi 10 Lite 5G 32,470円
(税込)
au クアッド (四眼)
4800万画素
Snapdragon 765G 5G対応モデル
有機ELディスプレイ

いずれも4800万画素以上の超高画素カメラを搭載し、CPUにはクアルコム社の優秀な「Snapdragonシリーズ」の700番台を搭載しています。写真撮影は勿論、日常使いに不足のない性能です。それが最安約2.5万円から手に入れられてしまうのですからシャオミ恐るべしですね。

シャオミ製スマホを安く手に入れる方法

定価でも約2.5万円からとそのままでも価格破壊級のシャオミ製スマホですが、実はもっと安く手に入れることができます。それが格安SIMOCN モバイル ONEです。例えば「Redmi Note 9s」の場合、音声SIMと同時購入で税込16,720円。さらに他社からの乗り換え(MNP)で5,000円OFF対象オプション同時加入で1,000円OFF計6,000円も値引きされます!2.5万円でも十分安いのに遂に約1万円になってしまいました・・・。普通に使えて、カメラが凄いのにこの価格。恐るべきコスパです。

また「OCN モバイル ONE」NTTの子会社「NTTコミュニケーションズ」が運営する企業で安心安全。ドコモ回線で通信速度も安定して速いので、今人気の格安SIMになっています。是非乗り換えを検討してみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

矢sX

Xiaomiが大好き!スマートフォンやガジェットのブロガーです。皆さんに、Xiaomi製品の最新情報や、レビュー、オトク情報などをお届けします!

オススメ記事

-スマホ

© 2021 プラグマライフ Powered by AFFINGER5