Xiaomi最新情報

Xiaomi 12T Proに「HyperOS(Android 14ベース)」の配信が準備中!まずはEUから

本記事は広告・アフィリエイトプログラムで収益を得ています。あらかじめご了承ください。

MIUIに代わるシャオミの新型オペレーティング・システム「HyperOS」ですが、既存モデルである「Xiaomi 12T Pro」でもテストが行われているようです。

シャオミ最大級の非公式コミュニティ「Xiaomiui」が伝えています。

HyperOS 1.0はAndroid 14ベース

HyperOSは先日に「Xiaomi 14」シリーズと共に発表された、Androidベースのシャオミ独自OSです。

注目すべきことに、シャオミはこのアップデートを最新のフラッグシップ製品に限定せず、「Xiaomi 12T Pro」など他のスマートフォンに向けても行うようです。

Xiaomiuiによれば、シャオミ公式サーバー内から得た情報として、Xiaomi 12T ProのEU向けモデルおよび、中国版の「Redmi K50 Ultra」へのアップデートが準備されているとのことです。

EU向けXiaomi 12T Pro(画像出展:Xiaomiui

Redmi K50 Ultra(画像出展:Xiaomiui

「OS1.0.0.1.ULFEUXM」がEU向けXiaomi 12T Pro、「OS1.0.0.1.ULFCNXM」がRedmi K50 Ultraです。

いずれも[codebase]に「14.0」とあるように、HyperOS 1.0はAndroid 14をベースに構築されていることが分かります。

Xiaomiuiによれば、これらのアップデートは現在内部テスト中であり、2024年第1四半期に展開する可能性があるとのこと。

なお、Xiaomi 12T Proの日本版はFeliCa対応のために独自のファームウェアを使用しています。現時点で日本版へのアップデートが行われるかは不明です。

HyperOSについて

HyperOS 1.0アップデートによる新たなユーザーインターフェースは、Android 14オペレーティングシステムをベースに構築されています。

このアップデートは、パフォーマンスの向上、よりシームレスなユーザー体験、カスタマイズオプションの拡張など、数多くのメリットを提供するでしょう。

画像出展:GSMChina

また、エネルギー管理、迅速なアプリの起動、セキュリティ・プロトコルの強化などの改善も期待できます。

より多くの既存スマートフォンにHyperOSが配信されることを期待したいと思います。

ソース:Xiaomiui

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiモノづくり研究所研究員(2022年〜)で、スマホの専門家。スマホを実際に使って評価しています。ニュース記事は、信頼性の高いソースを元に独自の視点を加えて書いています。 ↓X(Twitter)でも情報発信中!

オススメ記事

-Xiaomi最新情報
-,