Xiaomi最新情報

日本でXiaomi 12T Proの新たな派生モデルを発売という噂。謎の型番の存在が確認されるも......

12月16日に日本で発売された「Xiaomi 12T Pro」は、オープンマーケットおよびソフトバンク向けの型番がありますが、更にもう一つ謎の型番があるようです。

総務省の技適データベースで確認することができます。

Xiaomi 12T Pro 日本版に3つ目の型番が存在

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器」のデータベースを更新し、Xiaomi 12T Pro 日本版の情報が追加されました。このデータベースでは、工事設計認証(いわゆる「技適」)を得た日本向け製品の情報を確認することができます。

Xiaomi 12T Proは、認証番号「020-220142」で登録されており、2022年11月1日付けで技適を取得しています。

ここでは、ソフトバンク向けの型番「A201XM」、オープンマーケット版の型番「22081212R」の二つに加えて、もう一つの型番「22200414R」の存在を確認することができます。

これは現時点で発売されていない型番であり、今後、派生モデルとして発表されると噂されています。

22200414Rは発売されない型番の可能性が高い

なお、筆者は「22200414R」は発売されない型番と考えています。

それは、この型番がシャオミの製品における通常の型番規則を逸脱したものだからです。型番の最初の4桁の数字は、おおよその発売時期を表しています。つまり「2220」=「2022年20月」ですが、20月は存在しないため明らかに奇妙な番号です。

また、Xiaomi 12T Pro 日本版のストレージは、オープンマーケット向けが128GB、ソフトバンク向けが256GBです。今後、新たな容量のバリエーションが追加される可能性は捨てきれませんが、この程度の変更で型番が変更されることはまずあり得ません。

さらに以前の例を挙げれば、Xiaomi 12T Proと同様にオープンマーケットおよびソフトバンクで発売された「Redmi Note 10T」も、3つ目の型番「22031119KR」が存在しています。

シャオミの日本向け新型スマホの技適取得が明らかに!近く発表か?それとも......

しかしながら、Redmi Note 10Tが4月に発売されて以降、この型番を持つ製品は結局発売されていません。今回、存在が明らかになったXiaomi 12T Proの3つ目の型番も、発売のない型番と考えるのが妥当だと思います。

ソース:総務省

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

年間20台以上スマホを購入するスマホの専門家です。特に好きなXiaomiの最新情報や、その他のスマホのお得情報等もお届けします! ↓Twitterでも情報を発信しているので、是非フォローしてください。

オススメ記事

-Xiaomi最新情報
-