Xiaomi最新情報

Redmi Note 12 Pro+は2億画素HPXセンサー採用が確定!低反射の7層レンズを採用する旗艦級カメラに

シャオミのサブブランド「Redmi」は、2022年10月27日の「Redmi Note 12」シリーズ新製品発表会に向けて、徐々に情報を公開しています。

新たな情報により、「Redmi Note 12 Pro+」が、2億画素「HPX」センサーを搭載することが明らかになりました。

Redmi Note 12 Pro+のメインカメラスペック

Redmi Note 12 Pro+が搭載するSamsung製「ISOCELL HPX」は1/1.4インチと比較的大きい2億画素センサーです。

ハイエンドモデル「Xiaomi 12T Pro」が搭載する2億画素「ISOCELL HP1」センサーの1/1.22インチと比べれば小さいものの、シャオミがこれまでRedmi Noteシリーズで採用してきた1億800万画素「ISOCELL HM2」の1/1.52インチと比べれば大きいセンサーです。

また、メインカメラは光の反射を効果的に低減するALD(原子層堆積)アンチグレアコーティング、クリアな描写を可能にする7層レンズ、明るく大きいボケで撮影できるf/1.65の絞り値を備えているとのことです。

また、HPXの一画素あたりのサイズは0.56μmと非常に小さいものの、「Tetra 2 ピクセルビニング」により、5,000万画素・1.12μm、1,250万画素・2.24μmでの撮影も可能となっています。通常時は1,250万画素で撮影するものと思われます。

Redmi Note 12 Pro+の作例

中国のSNS「Weibo」のRedmi公式アカウントでは、Redmi Note 12 Pro+の多数の作例が公開されています。

2億画素モードでの撮影では、非常に細かい描写ができることがPRされています。

画像出展:Weibo

その他、通常モードや夜景モード等での多数の作例が公開されています。

画像出展:Weibo

作例を見る限りでは、Xiaomi 12T ProやXiaomi 12S Ultraに近い陰影がはっきりとしたコントラストの強い写真が撮れている印象です。Redmi Note 12 Pro+では、ミドルレンジの常識を打ち破る撮影体験に期待しましょう。

▽参考

ソース:Weibo

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiが大好き!スマートフォンやガジェットのブロガーです。皆さんに、Xiaomi製品の最新情報や、お得情報などをお届けします! ↓のTwitterアカウントでも情報を発信しているので、是非フォローしてください。

オススメ記事

-Xiaomi最新情報
-