Xiaomi最新情報

噂:Redmi K60シリーズは30Wワイヤレス充電、Dynamic Island対応の可能性

シャオミのサブブランドRedmiの次期フラッグシップ「K60」シリーズは、「Snapdragon 8+ Gen 1」プロセッサーや30Wワイヤレス充電Dynamic Islandのような機能を備えているかもしれません。

海外メディア「GSMArena」が伝えています。

Redmi K60シリーズが設計検証テスト段階か

GSMArenaは、中国の有名リーカー「デジタルチャットステーション(数码闲聊站)」氏からの情報を引用します。

※Google翻訳による直訳のため、表現が不自然な可能性があります。

同氏は、2K解像度ディスプレイ、Snapdragon 8+ Gen 1、5,500mAhバッテリー、67W有線急速充電、30Wワイヤレス充電を備えるモデルがDVT(設計検証テスト段階)にあると示唆しています。

同氏は具体的なモデル名に言及していませんが、これは「Redmi K60」シリーズに属する機種である可能性があります。

明確な根拠はないものの、プロセッサーやディスプレイのスペック、ワイヤレス充電の対応といった特徴は、これまでの​​​K60シリーズについての情報と一致しています。また、Weiboのユーザーへのアンケートの結果に応えて、iPhone 14 Proの「Dynamic Island」のような機能が搭載されるという噂もあります。

Redmi Kは中国市場向けのシリーズですが、グローバル市場では「POCO」シリーズとして発表されると思われます。これまでのRedmi K60(POCO F5)シリーズについての情報は以下の通りです。

これまでのRedmi K60、POCO F5の情報

Redmi K60シリーズのベースモデルと見られる型番が、IMEIデータベースで発見されていることが伝えられています。

この型番は、中国・グローバル・インド向けの3種類となっており、グローバルおよびインド市場では「POCO F5」として発表されると見られます。

▽参考

シリーズで採用されるSoCについては、Qualcomm製のSnapdragon 8+ Gen 1だけでなく、MediaTek製の「Dimensity 8200」があると伝えられています。

▽参考

その他、2K解像度のディスプレイはAMOLED素材で、120Hzのリフレッシュ レート、1,000nitsの輝度に対応している可能性があります。

これまで通りであれば、Redmi K60シリーズは2023年第1四半期に中国で発表され、数か月遅れて「POCO F5」がグローバルおよびインドで発表されるものと思われます。

ソース:Weibo(情報元)GSMArena(経由)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiが大好き!スマートフォンやガジェットのブロガーです。皆さんに、Xiaomi製品の最新情報や、お得情報などをお届けします! ↓のTwitterアカウントでも情報を発信しているので、是非フォローしてください。

オススメ記事

-Xiaomi最新情報
-,