Xiaomi最新情報

シャオミ・ジャパンが新製品の日本発売を示唆!Xiaomi 12T Proなど複数製品が近く登場か

シャオミは、2022年10月4日にグローバル向けの新製品発表会を行い、「Xiaomi 12T」シリーズ、「Redmi Pad」、「Xiaomi Smart Band 7 Pro」等の新製品を発表しました。

発表会終了直後、シャオミ・ジャパンは公式Twitterアカウントにて、これらの製品が日本でも発売されることを示唆しています。

「いくつかの新製品」が日本発売される可能性

以下の通りシャオミ・ジャパンは、新製品発売を予感させるツイートを行っています。

具体的な商品名は明らかにされていませんが、「今後いくつかの新製品が日本国内でも発売されるかもしれません」とのことなので、今回発表された新製品の中から複数の製品が日本でも発売される可能性があります。

新製品の概要は以下をご覧ください。

新たにグローバル発表された製品一覧

Xiaomi 12T / Xiaomi 12T Pro

ハイエンドスマホ「Xiaomi 12T」シリーズは、「Xiaomi 12T」および「Xiaomi 12T Pro」の2機種が発表されています。

両機種の大きな違いはSoCとメインカメラです。

「Xiaomi 12T Pro」のSoCは「Snapdragon 8+ Gen 1」で、メインカメラにはOIS(光学式手振れ補正)を備えた2億画素「ISOCELL HP1」大型センサーが採用されています。

これに対して「Xiaomi 12T」のSoCは「Dimensity 8100 - Ultra」で、メインカメラは1億800万画素「ISOCELL HM6」センサー。Proと同じくOISも備えています。

その他のスペックはほとんど共通で、大型の冷却システム、1.5K解像度・120HzリフレッシュレートのCrystalRes AMOLEDディスプレイ、120W急速充電対応の5,000mAhバッテリー、デュアルスピーカー等を搭載しています。

▽詳細はコチラ

なお、「Xiaomi 12T Pro」については、キャリアフリーおよびソフトバンク向けと思われる型番が発見されており、日本発売される製品としては最有力と考えられます。一方、「Xiaomi 12T」については情報がありません。

▽参考

Redmi Pad

Redmi Pad」は2K解像度・90Hzリフレッシュレートに対応した10.61インチのディスプレイと、Dolby Atmos対応のクアッドスピーカーを備えたタブレットです。

SoCは「Helio G99」で、AnTuTuベンチマークでは37万点前後前後のスコアが期待されます。

バッテリー容量は8,000mAhで、最大18Wの充電出力に対応。正面と背面にそれぞれ800万画素のカメラを備えています。

日本では8月にハイエンドタブレット「Xiaomi Pad 5」が値上がりしてしまったため、より安価で手に取りやすい製品として日本発売に期待が集まります。

▽詳細はコチラ

Xiaomi Smart Band 7 Pro

Xiaomi Smart Band 7 Pro」は、長方形の1.64インチ大型AMOLEDディスプレイを備えたスマートバンドです。

常時表示機能や、GPS含む5種類の衛星測位とAmazon Alexa、5ATM防水に対応しています。

その他、110種類以上のスポーツモードや、150種類以上のウォッチフェイス、心拍数・SpO2・睡眠等のモニタリング機能に対応しています。

「Xiaomi スマートバンド 7」の見た目や機能面が物足りない方にとっては、Proモデルの方が魅力的な製品に感じることでしょう。

▽詳細はコチラ

その他の製品

その他には、4K QLEDスマートTV「Xiaomi TV Q2」シリーズ、高性能AI搭載のロボット掃除機「Xiaomi Robot Vacuum X10+」、高性能で汎用性に優れた掃除機「Xiaomi Truclean W10 Wet Dry Vacuum」シリーズが発表されていますが、詳細は割愛します。

【アンケート】日本発売してほしい新製品は?

なお、筆者はTwitterにて独自に「日本発売してほしい新製品」のアンケートを行っています。よろしければ、是非ご回答ください。

ソース:Twitter

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiが大好き!スマートフォンやガジェットのブロガーです。皆さんに、Xiaomi製品の最新情報や、お得情報などをお届けします! ↓のTwitterアカウントでも情報を発信しているので、是非フォローしてください。

オススメ記事

-Xiaomi最新情報
-, ,