Xiaomi最新情報

Redmi Note 12シリーズに210W超急速充電対応モデルが存在か。ただし遅れて登場の可能性

シャオミの人気ミドルレンジ「Redmi Note 12」シリーズには、210W超急速充電対応モデルが存在する可能性があります。

「Redmi Note 12」シリーズは、今年10月中にも最初の3機種が発表されると見られています。

210W急速充電対応モデルが中国で認証通過

海外メディア「MySmartPrice」によれば、「Redmi Note 12」シリーズと見られる3つの機種が3C(中国強制認証)を通過しているとのことです。

画像出展:MySmartPrice

画像出展:MySmartPrice

型番はそれぞれ「22101316C(M16)」「22101316UCP(M16UP)」「22101316UC(M16U)」で、認証情報から対応の充電出力が分かります。

これによれば、M16が67W、M16UPが120Wで、M16Uは何と210Wに対応しているようです。先日、シャオミの210W対応の充電器が3Cを通過しており、M16Uはこの充電器に対応したモデルと見られます。

なおMySmartPriceは、M16が下位モデル「Redmi Note 12」、M16UPが中位モデル「Redmi Note 12 Pro」、M16Uが最上位モデル「Redmi Note 12 Pro+」と予想していますが、これは異なる可能性があります。

210W超急速充電対応モデルは遅れて登場?

中国の有名リーカー「デジタルチャットステーション(数码闲聊站)」氏が伝えたところによると、間もなくRedmiブランドから中国で正式発表される新型スマホは3機種です。

※Google翻訳による直訳のため、表現が不自然な可能性があります。

これによれば、3機種の型番は「22101317(M17)」「22101316C(M16)」「22101316UCP(M16UP)」であり、上位機種であるM16UPはより高い充電出力を備え、他の機種とはメインカメラも異なるといいます。

M17は「MySmartPrice」が伝えた内容に含まれていませんが、同氏の情報からはこれが下位モデルと推測されます。すなわち、M17が「Redmi Note 12」であり、67W充電対応のM16が中位モデル「Redmi Note 12 Pro」、120W充電対応のM16UPが上位モデル「Redmi Note 12 Pro+」である可能性があります。

そして、今回同氏が伝えた3機種に210W充電対応のM16Uは含まれていません。このことから、シリーズの超上位モデルと推測されるM16Uは、今年10月に発表されると見られる3機種から遅れて登場する可能性があります。

シャオミは、ハイエンドモデルだけでなくミドルレンジモデルも高出力の充電を積極的に対応させています。「Redmi Note 12」シリーズで210W超急速充電対応が事実なら、急速充電の普及において今後もシャオミが業界をリードしそうです。

ソース:MySmartPriceWeibo

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiが大好き!スマートフォンやガジェットのブロガーです。皆さんに、Xiaomi製品の最新情報や、お得情報などをお届けします! ↓のTwitterアカウントでも情報を発信しているので、是非フォローしてください。

オススメ記事

-Xiaomi最新情報
-