Xiaomi最新情報

Xiaomi 13 Proが中国で3C認証通過か。充電出力は最大120Wに

シャオミの次期フラッグシップ「Xiaomi 13 Pro(仮称)」と噂されるモデルが、中国の認証機関で承認されたようです。

中国の有名リーカー「デジタルチャットステーション(数码闲聊站)」氏が伝えています。

200W充電には対応せず

デジタルチャットステーション氏によると、「Xiaomi 13 Pro」と噂される「2210132C(短縮:M2)」が3C(中国強制認証)を通過しています。

※Google翻訳による直訳のため、表現が不自然な可能性があります。

この認証情報から「M2」が最大120Wの充電に対応していることが分かります。また、同氏によれば「Snapdragon 8 Gen 2」を搭載するとのことです。

画像出展:Weibo

一部では200W充電に対応するという噂もありましたが、残念ながら従来通りの120Wです。

とは言え、200W充電の噂は同氏が既に否定していたため、熱心なシャオミ・ウォッチャーの方なら案の定といったところ。200W充電対応機種は、これ以降のモデルに期待しましょう。

Xiaomi 13 Proのスペック・発売時期

現在のところ「Xiaomi 13」シリーズの具体的な情報は、あまり明らかになっていません。

前述の通りなら「Xiaomi 13 Pro」は「Snapdragon 8 Gen 2」や120W充電対応のバッテリーを搭載するようですが、そのほか120Hzリフレッシュレートの有機ELディスプレイや、高性能な複数のカメラを搭載することが予想されます。

また、「Xiaomi 12S Ultra」が備えている充電管理チップ「Surge P1」、バッテリー管理チップ「Surge G1」や、従来のベーパーチャンバーの2倍の冷却効率を持つ「葉脈コールドポンプ冷却」の採用も期待されます。

Xiaomi 12S Ultra

「Xiaomi 13」シリーズの正式発表については、「Snapdragon 8 Gen 2」は今年11月に発表されると噂されており、そのすぐ後に発表会が行われると思われます。したがって、11月または12月頃に中国で先行して発表され、例年通りなら3か月ほど遅れてグローバル市場に登場することでしょう。

なお、「Xiaomi 12S Ultra」は中国市場限定のモデルとなっていますが、「Xiaomi 13 Ultra」については、シャオミCEO「雷軍(Lei Jun)」氏が、グローバルでも発売すると明言しています。

 

今後「Xiaomi 13」シリーズの様々なリークや噂が伝えられることでしょう。当ブログでは、それらの情報を逐次お伝えしていきます。

ソース:Weibo

IIJmioの乗り換え応援キャンペーン!2GB+通話定額5分が半年間500円。初期費用が半額で更にお得に

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiが大好き!スマートフォンやガジェットのブロガーです。皆さんに、Xiaomi製品の最新情報や、お得情報などをお届けします! ↓のTwitterアカウントでも情報を発信しているので、是非フォローしてください。

オススメ記事

-Xiaomi最新情報
-