Xiaomi最新情報

Xiaomi Civi 2は、デュアル32MPインカメラ+IMX 766リアカメラの薄型軽量スマホに!

シャオミは9月27日の「Xiaomi Civi 2」の正式発表に先駆け、情報を次々と公開しています。

これまでに公開された情報によれば、「Xiaomi Civi 2」はデュアル3,200万画素インカメラや、5,000万画素「IMX 766」リアカメラを搭載する機種となるようです。

Civiシリーズ初のデュアル32MPインカメラ

シャオミが、新たに公開した情報によれば、「Xiaomi Civi 2」は171.8gと軽量かつ7.23mmと薄型で、優れたカメラ性能に重点を置いたスマホになります。

具体的には「Xiaomi 12」シリーズ同様に「Xiaomi Imaging Brain」を搭載。アプリの起動や撮影が高速となり、正確なオートフォーカスを提供します。

そして「Civi」シリーズが力を入れてきたインカメラは、3,200万画素のデュアル仕様となっており、メインカメラに加えて、画角110°の超広角カメラを搭載。さらに新たな画像処理技術「Bionic Eyes Ambient Portrait」とデュアルLEDフラッシュを備え、優れたセルフィー体験を提供します。

メインインカメラは、素早く正確なオートフォーカスが可能で、鮮明でクリアな画質を提供するアンチグレア・コーティングが施されているとのこと。さらにF2.0の超大口径で、光感度性能が50%向上したことにより、美しい夜景が撮れるといいます。

また、超広角インカメラについては、100°の広い画角により集合写真に最適。また高い解像度で鮮明な笑顔を捉えるとしています。

 

これまでも「Civi」シリーズではセルフィー機能に重点を置いてきましたが、インカメラがデュアル仕様になるのは初めて。薄型軽量も相まってさらに女性人気を高めそうです。

リアカメラのメインは50MP「IMX 766」

そしてリアカメラについては、5,000万画素のSONY製「IMX 766」センサーをメインカメラに採用しています。

これは、フラッグシップモデルの「Xiaomi 12」でも採用されている中型(1/1.56インチ)センサーです。「Xiaomi 12S Ultra」のような超大型ではありませんが、優れた画質と扱いやすさでバランスの取れたセンサーであり、優れた撮影体験を提供することでしょう。

なお、リアカメラについてはトリプル構成となっていますが、残り2つのセンサーの詳細は不明。画像を見る限りでは、あまり大きなセンサーではなさそうで、800万画素の超広角、200万画素のマクロ等の構成が予想されます。

既に明らかになっている情報については、以下の記事をご覧ください。

「Xiaomi Civi 2」の新製品発表会は、2022年9月27日14時(日本時間15時)に予定されています。正式発表までに更なる情報が公開されると思われるので、当ブログでは逐次それらの情報をお伝えしていきます。

ソース:Weibo (1) (2) (3) (4) (5) (6)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiが大好き!スマートフォンやガジェットのブロガーです。皆さんに、Xiaomi製品の最新情報や、お得情報などをお届けします! ↓のTwitterアカウントでも情報を発信しているので、是非フォローしてください。

オススメ記事

-Xiaomi最新情報
-