Xiaomi最新情報

Xiaomi Civi 2は「Snapdragon 7 Gen 1」搭載か。日本発売期待の薄型軽量スマホ

シャオミが今月にも中国で発表すると噂されている「Xiaomi Civi 2(仮称)」は、SoCに「Snapdragon 7 Gen 1」を採用している可能性があります。

中国の有名リーカー「デジタルチャットステーション(数码闲聊站)」氏が伝えています。

Snapdragon 7 gen 1はISP & AI性能が優れる

「Xiaomi Civi」は、若い女性をターゲットにセルフィー機能を強化した薄型軽量のシリーズです。

デジタルチャットステーション氏が新たに伝えた情報によると、間もなく発表されるシャオミの新型モデルが「Snapdragon 7 Gen 1」を搭載しているようです。

※Google翻訳による直訳のため、表現が不自然な可能性があります。

同氏は、具体的な製品名には触れていませんが、フロントカメラに力を入れていることについて述べていることから、「Xiaomi Civi 2」の可能性が高いと思われます。

これまでのところ「Snapdragon 7 Gen 1」は「OPPO Reno8 Pro(中国版)」が唯一の搭載機種となっており、事実なら「Xiaomi Civi 2」が2番目の搭載機種となります。

OPPO Reno8 Pro

同氏によれば、「Snapdragon 7 Gen 1」は消費電力効率を重視していない一方で、ISP(イメージング・プロセッサー)やAIが優れており、フロントカメラにも工夫がみられると伝えています。

スマホのカメラはセンサー性能だけでなく、SoCのISP性能やメーカーのチューニングにも大きく影響を受けます。そのため、「Xiaomi Civi 2」は特にセルフィーの撮影体験において非常に強力なモデルであることが期待できるでしょう。

Xiaomi Civi 2のスペック・仕様

これまでの情報によれば、「Xiaomi Civi 2」は120Hzリフレッシュレートの6.55型AMOLEDディスプレイ、トリプルリアカメラを搭載し、独自のVLOGモードに対応していると伝えられています。

また、本機と見られるモデルが中国3C認証を通過しており、最大67Wの充電出力に対応しているようです。

 

さらに、このモデルのグローバル版と見られる型番も発見されており、「Xiaomi 13 Lite」「Xiaomi 12 Lite NE」等の名称で発売される可能性も指摘されています。

日本でも発売され、好評を博した薄型軽量スマホ「Mi 11 Lite 5G」は、後継にあたるモデルが日本発売されていません。「Xiaomi Civi 2」のグローバルモデルがその後継として登場するなら、「OPPO Reno7 A」や「Xperia 10 IV」等の強力なライバル機種となるでしょう。

なお、「Xiaomi Civi 2」については以前、eSIMに対応していることを示す情報が見つかったと伝えられています。

筆者の知るところでは、これまでのところシャオミは日本向けモデル以外をeSIMに対応させた例はありません。そのため、筆者は「Xiaomi Civi 2」のeSIM対応は、日本発売の布石である可能性があると考えています。

ソース:Weibo

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiが大好き!スマートフォンやガジェットのブロガーです。皆さんに、Xiaomi製品の最新情報や、お得情報などをお届けします! ↓のTwitterアカウントでも情報を発信しているので、是非フォローしてください。

オススメ記事

-Xiaomi最新情報
-, ,