Xiaomi最新情報

Xiaomi 12S Proが中国で3C認証通過か。充電出力は120Wに

Xiaomi 12S Pro(仮称)」と噂されるモデルが、3C(中国強制認証)で承認されたようです。また、認証情報から120Wの充電に対応していることが確認できます。

中国の有名リーカー「デジタルチャットステーション(数码闲聊站)」氏が伝えています。

Xiaomi 12S Proの認証情報から120W充電対応を確認

デジタルチャットステーション氏は、以下の通り中国のSNS「Weibo」で伝えています。

※Google翻訳による直訳のため、表現が不自然な可能性があります。

今回3Cの承認が確認されたと伝えられているのは、モデルナンバー「2206122SC(短縮:L2S)」の端末です。「Xiaomi 12 Pro」の短縮ナンバーが「L2」であることから、その派生モデルの可能性が高いと言われています。

画像出展:Weibo

この認証情報からは120Wの急速充電に対応していることが確認できます。これに対し、既に3Cの承認が伝えられていた「L2M」「L3S」「L18」の3機種はいずれも67W充電に留まっています。これらのモデルは、順に「Xiaomi 12 Pro Dimensity 9000 Edition」「Xiaomi 12S」「Xiaomi MIX Fold 2」と噂されています。

【7/31まで】IIJmio 夏のお得なトリプルキャンペーン!スマホ1980円~、通話定額440円引き×6か月など

シャオミは5機種ものSnapdragon 8+ Gen 1搭載機を近く発表する見込み

また、これまでの情報では「L2S」「L2M」「L3S」「L18」は全てTSMC 4nmプロセスの「Qualcomm Snapdragon 8+ Gen 1」を搭載すると伝えられています。

さらにXiaomi 12Sと思われるL3Sは、Xaiomi 12と同じく120Hzの有機ELディスプレイと5000万画素のメインカメラ(Sony IMX 766)を搭載し、ライカの監修を受けていると噂されています。

Xiaomi 12Sはライカ監修モデルに?実機とされる画像が流出

この上位モデルと思われるXiaomi 12S Proも、同じくライカの監修を受けたモデルである可能性が高いでしょう。さらに、続々と新情報が伝えられている「Xiaomi 12 Ultra(仮称)」もライカ監修モデルで、Snapdragon 8+ Gen 1を搭載すると伝えられています。

すなわち、シャオミだけでXiaomi 12S、Xiaomi 12S Pro、Xiaomi 12 Ultra、Xiaomi MIX Fold 2の4つもの機種が、Snapdragon 8+ Gen 1搭載機として近く中国で発表される可能性があります。

今後Samsung 4nmプロセスのSnapdragon 8 Gen 1の新型機の発表は減り、TSMC 4nmプロセスのSnapdragon 8+ Gen 1の新型機が各メーカーから続々と登場することでしょう。

【衝撃3980円】OPPO Reno5 Aがワイモバイルで緊急値下げ!更にPayPay3000円相当も貰える

ソース:Weibo

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiが大好き!スマートフォンやガジェットのブロガーです。皆さんに、Xiaomi製品の最新情報や、お得情報などをお届けします!

オススメ記事

-Xiaomi最新情報
-

© 2022 プラグマライフ Powered by AFFINGER5