Xiaomi最新情報

噂:Redmi Note 11T Proは5月17日に発表?強力なDimensity系SoC搭載が期待されるモデル

シャオミのサブブランドRedmiは、新型5Gスマホ「Redmi Note 11T Pro」を5月17日に中国で発表する可能性があります。

インドの有名リーカー「Abhishek Yadav(Twitter:@yabhishekhd)」氏が伝えました。

Redmi Note 11T Proの発表日が公式に先立ちリーク

Redmiブランドは、Redmi Note 11T Proを5月に正式発表するとしていますが、発表の詳しい日時については明らかにしていません。

これについて、Abhishek Yadavは5月17日に中国で発表する予定とTwitterで伝えています。

また同氏は、最近存在が噂されているRedmiブランドのタブレット(仮称:Redmi Pad 5G)が同時発表される可能性についても言及しました。

参考▷噂:シャオミが「Redmi Pad 5G」を準備中?以前から噂のタブレット端末

現在のところ、Redmi Pad 5Gのスペックや仕様について有力な情報はありませんが、基本的にRedmiはシャオミの廉価ブランドです。

そのためRedmi Pad 5Gが発表されることが事実なら、昨年発表され日本でも販売されている「Xiaomi Pad 5(税込4万3,780円から)」の廉価機種となることが予想されます。

オンライン専用20GBプラン各社比較!ahamoが一番シンプルで迷わない

Redmi Note 11T Proについては、SoCパフォーマンスに重点を置いたモデルとなることが公式に明らかにされています。これまでの情報は以下をご覧ください。

Redmi Note 11Tシリーズのスペック

Redmi Note 11T Proは、Redmi Note 10 Pro(中国版)をアップグレードした後継機になることが公式に明らかにされています。

Redmi Note 10 Pro(中国版)は、グローバル市場向けにはPOCO X3 GTとして発売されたモデルで、MediaTek製の「Dimensity 1100」を搭載したモデルでした。

そのため、Redmi Note 11T Proは、さらなるハイスペックSoCである「Dimensity 8000(または8100)」や、最近発表された「Dimensity 1300」等を搭載することが期待されます。

このほか、Redmi Note 11Tシリーズと思われる複数の認証情報から、少なくとも2つの機種があると思われます。

これらの認証情報によれば、どちらも寸法は縦163.64mm、横74.29mm、厚み8.8mmで、6.6インチの画面を備え、Android 12をプリインストールしているようです。また、2つの機種は67Wまたは120Wの急速充電に対応し、バッテリー容量は前者が4,980mAh、後者が4,300mAh(いずれも定格値)とのこと。

その他、中国の有名リーカー「デジタルチャットステーション(数码闲聊站)」氏によると、上位機種は144Hzのリフレッシュレートに対応した液晶ディスプレイを備え、512GBストレージを備えたモデルもあるようです。

※Google翻訳による直訳のため、表現が不自然な可能性があります。

なお同氏は、シリーズの価格帯について1,500元(約2.9万円)から2,500元(約4.9万円)の間になると伝えています。

今後、正式発表までにRedmiは徐々に情報を明らかにするものと思われます。これまでの情報については、以下の記事もご覧ください。

参考▷Redmi Note 11T Proが5月中に中国で発表へ!Dimensity 8000(または8100)を搭載との噂

ソース:Twitter (1) (2)Weibo

【5/31まで】IIJmioのセールがお得すぎ!!スマホ110円~、通話定額440円引き×13か月など

オススメ記事

-Xiaomi最新情報
-

© 2022 プラグマライフ Powered by AFFINGER5