Xiaomi最新情報

噂:Xiaomi 12S Pro ”Dimensity 9000 Edition”が2022年8月に発表か

先日、Xiaomi 12 Proの派生モデルが登場する可能性についてお伝えしましたが、これは「Xiaomi 12S Pro Dimensity 9000 Edition(仮称)」の可能性があります。

シャオミの非公式情報サイト「Xiaomiui」が伝えています。

IMEIデータベースで新たなモデルナンバーが発見

Xiaomiuiによれば、Xiaomi 12S Pro Dimensity 9000 Editionと思われる「2207122MC(L2M)」がIMEIデータベースから発見されたとのことです。

画像出展:Xiaomiui

これは、中国の有名リーカー「デジタルチャットステーション(数码闲聊站)」氏が、先日CMIIT(中国無線規則)の承認を得たと伝えていたモデルナンバーと同一です。

参考▷噂:Xiaomi 12シリーズに新たなモデルが追加?Xiaomi 12 Proの派生モデルの可能性あり

「L2」が「Xiaomi 12 Pro」の短縮モデルナンバーであることから、L2Mはその関連モデルである可能性は高いと思われます。

オンライン専用20GBプラン各社比較!ahamoが一番シンプルで迷わない

L2MはMediaTekのコードと関連付けられている

また、XiaomiuiはMIUIソースコードの解析も行い、L2MのコードネームとMediaTekのコードが関連付けられていることを発見したといいます。

これによれば、L2Mのコードネームは「dauimier(ドーミエ)」とのことです。ドーミエ(Honoré Daumier)は19世紀のフランスを代表する画家で、ゴッホにも影響を与えたと言われる人物です。

画像出展:Xiaomiui

さらに、L2MはMTK(=MediaTek)のコードと関連付けられているとのことです。

画像出展:Xiaomiui

すなわち、L2MはMediaTek製SoCを搭載するモデルであると考えられます。

これを根拠にXiaomiuiは、L2MがMediaTek製SoCとしては現状最高性能の「Dimensity 9000」を搭載するXiaomi 12S Pro Dimensity 9000 Editionと主張しています。

Xiaomiuiが明らかにした情報から、明確にDimensity 9000の搭載が示されているわけではないものの、Xiaomi 12 Proの派生モデルであればフラッグシップ機の名に恥じないDimensity 9000を搭載するのが自然でしょう。

なお、今回明らかになったモデルナンバーの最初の4桁の数字は発売予定時期を表しています。L2Mのモデルナンバーは2207で始まりますが、必ずしも2022年7月に発表されるわけではありません。

これについて、Xiaomiuiは8月の第2週に中国で発表されると予想しています。以前発見された「Xiaomi 12S」「Xiaomi 12S Pro」(いずれも仮称)も同時か近い時期に登場すると思われます。

参考▷シャオミが新機種「Xiaomi 12S」「Xiaomi 12S Pro」を準備中?Snapdragon 8 Gen 1+搭載に期待

しかしながら、Xiaomi 12Sシリーズと思われるモデルナンバーは、いずれも中国市場向けのモデルナンバーであり、現在のところそれ以外のナンバーは見つかっていないようです。

ソース:Xiaomiui

【5/31まで】IIJmioのセールがお得すぎ!!スマホ110円~、通話定額440円引き×13か月など

オススメ記事

-Xiaomi最新情報
-

© 2022 プラグマライフ Powered by AFFINGER5