Xiaomi最新情報

Xiaomi 12 Lite 5Gが米FCC含む各国機関で承認!正式発表がかなり近い模様。日本発売にも期待

Xiaomiuiによる非公式コンセプトレンダリング(画像出典:Xiaomiui

シャオミの新型5Gスマートフォン「Xiaomi 12 Lite 5G」のグローバル発表が間近に迫っているようです。

インドの有名リーカー「Abhishek Yadav(Twitter @yabhishekhd)」氏が、アメリカのFCCを含む複数の機関から承認を得ていることを伝えています。

Geekbenchデータベースに登場した「L9」はグローバルモデル

Xiaomi 12 Lite 5Gは、「世界一薄い5Gスマホ」の触れ込みで日本でも人気を得ている「Mi 11 Lite 5G」の後継機として期待されています。

本日、Abhishek Yadav氏は、Xiaomi 12 Lite 5Gと思われる「2203129G(短縮:L9)」がFCCの承認を得たことをTwitterで伝えています。モデルナンバーの末尾にあるアルファベット「G」は、このモデルがグローバル市場向けの端末であることを表しています。

この承認リストから、L9はOSに「MIUI 13」を搭載しており、またNFCにも対応していることが分かります。

以上のツイートでは、インドネシアのTKDNや、ロシアやベラルーシ等のEECでも承認を得ていることが伝えられています。また、メモリ/ストレージ構成は、6GB/128GB、8GB/128GB、8GB/256GBの3種類になるとのことです。

L9は、以前にGeekbenchデータベースにも掲載されており、この情報から「Qualcomm Snapdragon 778G(または778G+)」SoCを搭載していることが推測されます。

画像出展:Geekbench

Snapdragon 778Gは、Mi 11 Lite 5Gのマイナーチェンジモデルの「Xiaomi 11 Lite 5G NE」と同じSoCで、Mi 11 Lite 5Gが搭載していたSnapdragon 780Gよりも安定性が高いと言われています。また、クロックアップ版である778G+を搭載する場合は、更に優れた処理性能が期待できます。

Xiaomi 12 Lite 5Gの発売時期についての具体的な情報はないものの、GeekbenchやFCC等の各国認証機関に情報が掲載されていることから、近日中に正式発表があってもおかしくはありません。

これまでのXiaomi 12 Lite 5Gの情報は以下をご覧ください。

Xiaomi 12 Lite 5Gのデザインとスペック

以前、シャオミの非公式情報サイト「Xiaomiui」がXiaomi 12 Lite 5Gのデザインやスペックについて伝えています。

これによれば、Xiaomi 12 Lite 5Gはデザインは「Xiaomi 12」を踏襲するものの、若干大きめのサイズになるとのことです。

Xiaomiuiによる非公式コンセプトレンダリング(画像出典:Xiaomiui

SoC以外のスペックについては、ディスプレイはFHD+解像度(1080×2400)、リフレッシュレート120Hzの6.55インチの有機EL曲面スクリーンとのこと。また、画面内指紋認証に対応している可能性があります。

カメラは6,400万画素のメイン(ISOCELL GW3)、超広角、マクロで構成されるトリプル構成で、OIS(光学式手振れ補正)は付属しないとのこと。このほか、ステレオスピーカーが搭載され、Android 12ベースのMIUI 13がプリインストールされているといいます。

このスペックは、Xiaomi 12シリーズというよりも、昨年中国限定で発売された「Xiaomi Civi」によく似ています。

Xiaomi Civi

Xiaomi Civiはこれ以外に高画質のインカメラと、セルフィー用のLEDライトや美顔補正機能を搭載するモデルでしたが、Xiaomi 12 Lite 5Gのこれらの性能や機能については分かっていません。

Xiaomi 12 Lite 5Gの情報については、以下の記事もご覧ください。

Mi 11 Lite 5Gの後継機「Xiaomi 12 Lite 5G」がまもなくグローバル発表か。日本発売の可能性は?

ソース:FCCGeekbenchTwitter

オススメ記事

-Xiaomi最新情報
-

© 2022 プラグマライフ Powered by AFFINGER5