Xiaomi最新情報

【噂】Xiaomi MIX Fold 2は折り目を大幅改善したLTPOディスプレイ搭載か。SD 8 Gen 1+が採用される可能性も?

シャオミの次期折りたたみスマートフォン「Xiaomi MIX Fold 2」は、前モデルよりも折り目を改善し、より高性能となったディスプレイを搭載している可能性があります。

中国のテックメディア「GizmoChina」が伝えました。

Mix Fold 2は折り目を大幅改善し、内外ともに120Hz対応か

GizmoChinaは、MIX Fold 2と思われるディスプレイのスペックが、中国の有名リーカー「デジタルチャットステーション(数码闲聊站)」氏によって明らかになったと伝えています。

※Google翻訳による直訳のため、表現が不自然な可能性があります。

この投稿で、同氏は具体的なメーカー名について言及はしていません。しかし、同氏がこれまで伝えてきたシャオミ以外の折りたたみスマートフォンのリーク情報とは特徴が異なることから、MIX Fold 2についてのリークと推測されます。

これによれば、Mix Fold 2は前モデルと同じく横折り式のディスプレイを採用。画面サイズは、内側のメイン画面が8インチ、外側のサブ画面が6.5インチになるといいます。

また、前モデルよりも折り目が大幅に改善され、内・外の画面は共に120Hzの高リフレッシュレートに対応するとのこと。前モデルのMIX Foldは、内側が60Hz、外側が90Hzに留まっていたので、大きく性能が向上している可能性があります。

さらに、目の保護に高い効果を発揮すると言われる「DC調光」への対応や、リフレッシュレートを動的に調整して省電力性を向上させる「LTPO」技術を内側の画面で採用していることが示唆されています。

昨年末、OPPOは折り目が目立ちにくいという触れ込みの「OPPO Find N」を発売しました。

このモデルは、0.01mmの加工精度で作られた部品を136個も使ったヒンジで、折り目を目立ちにくくすることを実現。更に120Hzリフレッシュレートに対応し、LTPO技術も採用するなど、そのディスプレイ性能が高く評価されています。

参考▷OPPO Find N 実機レビュー!絶妙なサイズと美麗ディスプレイのフォルダブルスマホ

MIX Fold 2もこれに続き、次世代の折りたたみ画面を採用していることが期待されます。

MIX Fold 2はSnapdragon 8 Gen 1+採用?

なお、デジタルチャットステーション氏は、TSMC 4nmプロセスの「Snapdragon 8 Gen 1+(または8 Gen 2)」を採用する可能性についても言及しています。

Samsung 4nmプロセスはTSMC 4nmプロセスよりも良品率が低く、Snapdragon 8 Gen 1はTSMC 4nmプロセスで製造されるMediaTek製「Dimensity 9000」に省電力性や熱制御等で劣ると言われています。

どちらのチップも、1つの「Cortex-X2」超大型コア、3つの「Cortex-A710」大型コア、4つの「Cortex-A510」小型コアからなる「1+3+4」構成となっています。TSMC 4nmという同じ条件で製造されるであろう8 Gen 1+には、以上のような欠点を克服することが期待されます。

MIX Fold 2の発売時期については、2022年中頃と伝えられています。同時期にはSamsungの「Galaxy Z Fold 4」も登場すると思われ、両製品の性能や価格に注目が集まりそうです。なお、GizmoChinaはMIX Fold 2の価格について、前モデルと同じく9,999元(約19万3,000円)程度になると予想しています。

MIX Fold 2の以前のリーク情報については、以下の記事もご覧ください。

シャオミの次期折りたたみスマホMix Fold 2は、18:9に近い比率のサブ画面に?

ソース:Weibo(情報元)Gizmochina(経由)

オススメ記事

-Xiaomi最新情報
-

© 2022 プラグマライフ Powered by AFFINGER5