Xiaomi最新情報

Xiaomi 12 Liteのリーク!デザインはXiaomi 12、スペックはXiaomi CIVIの混合モデルに?

画像出典:Xiaomiui

シャオミが「世界一薄い5Gスマホ」と謳う「Mi 11 Lite 5G」は日本でも発売され、人気の端末となっています。

その後継機となる「Xiaomi 12 Lite(5G)」のデザインおよびスペックが、シャオミの非公式コミュニティ/ニュースサイトの「Xiaomiui」によってリークされました。

また、中国の有名リーカー「デジタルチャットステーション(数码闲聊站)」氏は、Xiaomi 12 Liteに「Snapdragon 778G」が搭載されることを示唆しています。

Xiaomi 12 Liteのデザイン、スペック

Xiaomiuiは独自に入手した情報を元に非公式のコンセプトレンダリングを作成。「Xiaomi 12」と非常に良く似たデザインが採用されているようです。

画像出典:Xiaomiui

また、スペックについては「Xiaomi CIVI」を踏襲したものになるといいます。

Xiaomiuiによれば、Xiaomi 12 Liteのモデルナンバーは「L9」で、コードネームは「taoyao」です。ディスプレイは、FHD+解像度(1080×2400)、リフレッシュレート120Hzの6.55インチの有機EL曲面スクリーンで、画面内指紋認証に対応。SoCは、Snapdragon 778G+またはより強力な700番台のSnapdragonシリーズを搭載するといいます。

カメラは、6,400万画素のメインカメラ(ISOCELL GW3)、超広角、マクロで構成されるトリプル構成ですが、OIS(光学式手振れ補正)は付属しないとのこと。このほか、ステレオスピーカーが搭載され、Android 12ベースのMIUI 13がプリインストールされているといいます。

このリークが事実なら、Xiaomi 12 Liteは、Xiaomi 12のデザインとXiaomi CIVIのスペックを掛け合わせた端末となっているようです。

Xiaomi CIVI

参考▷Xiaomi CIVI発表!美顔セルフィー搭載&超薄型の女性向け端末で4.5万円~。スペックまとめ

なお、Xiaomiuiによれば、Xiaomi 12 Liteはグローバル市場のみで発売されるとしています。さらに、元々この端末は中国とインドでも発売が計画されていたが既に放棄。中国向けに準備されていたといわれるカメラ強化モデル「Xiaomi 12 Lite Zoom」も同様に放棄されたと伝えています。

参考▷【噂】Xiaomi 12 Lite、12 Lite Zoomの2機種が来年3月に発表か

Xiaomi 12 LiteはSnapdragon 778Gを搭載?

また、デジタルチャットステーション氏は明確な端末名には触れていないものの、「シャオミの薄く軽いミッドレンジスマートフォンは引き続き『SM73x5』を搭載する」と伝えています。

※Google翻訳による直訳のため、表現が不自然な可能性があります。

シャオミが薄さと軽さを売りにするモデルといえば「Mi 11 Lite 5G」、または、そのSoC換装版である「Xiaomi 11 Lite 5G NE(Snapdragon 778Gを搭載)」と推測できます。

さらに「SM73x5」は、「SM7325」のパートナンバーを持つ「Snapdragon 778G」と推測されます。すなわち、同氏はXiaomi 12 Liteは、Xiaomi 11 Lite 5G NEから引き続きSnapdragon 778Gを搭載すると示唆したものと思われます。

Xiaomi 11 Lite 5G NE

なお、Mi 11 Lite 5Gが搭載していたSnapdragon 780Gは「SM7350-AB」、Snapdragon 778Gの改良版であるSnapdragon 778G+は「SM7325-AE」のパートナンバーとなっています。

以上のリーク情報を総合すると、Xiaomi 12 Liteは、Xiaomi 12シリーズとしてベースモデルのデザインを踏襲するものの、実質的には中国のみで発売されたXiaomi CIVIのグローバルモデルと言えそうです。

ソース:XiaomiuiWeibo

オススメ記事

-Xiaomi最新情報
-

© 2022 プラグマライフ Powered by AFFINGER5