Xiaomi最新情報

Redmi K50シリーズの来月発表が明らかに!究極の放熱性能を持つSD 8 Gen 1機投入へ

シャオミのサブブランドRedmiは、「Redmi K50」シリーズを2月に発表することを明らかにしました。

Redmi Kは、同ブランドの中国における主力シリーズであり、ハイスペックながら価格を抑えたコストパフォーマンスの高いシリーズとして知られています。

Redmi K50シリーズは、デュアルVC液冷の強力な冷却機構搭載

また、同ブランドは、Redmi K50シリーズのスペックについて、Qualcomm Snapdragon 8 Gen 1プロセッサー、4700mAhのバッテリー、デュアルVC液冷を搭載し、17分で満充電可能な120W急速充電に対応したモデルがあることを明らかにしました。

おそらくシリーズの最上級モデルであろう「Redmi K50 Pro+」がこのスペックを備えるものと思われます。

 

また、同ブランドは「業界で最も『冷たい』Snapdragon 8 Gen 1機への挑戦」を掲げており、Redmi責任者である卢伟冰(Lu Weibing)氏は、同シリーズのデュアルVC液冷は、大面積で究極の放熱性能を持つとしています。

2021年のベストバイ!今年買ってよかったSIMフリースマホ 7選

Redmi K50シリーズのこれまでの情報

これまでの情報によれば、同シリーズではSnapdragon 8 Gen 1の他、MediaTekのDimensity 9000を採用するモデルがあることも公式に明らかにされています。

しかし、同プロセッサーを搭載するモデルは、有名リーカーのデジタルチャットステーション(数码闲聊站)氏によれば、他のモデルより遅れて発表される見込みとのことです。

※中国語の投稿をGoogle翻訳で日本語訳しています。

Redmi K50シリーズでは、Snapdragon 8Gen1、Dimensity 9000の他、Dimensity 8000、Snapdragon 870が採用されていると噂されています。

また、以前に同氏はRedmi K40シリーズと同じくショルダーボタンを備える「Gaming Edition」が準備されているとし、その廉価版(Redmi K50 Gaming Standard Edition)の存在についても示唆していました。

参考▷Redmi K50シリーズの発表近づく!Redmiブランドが今年最初の声明を発表

正式発表が近づくにつれ、同シリーズについての情報は今後も続々と伝えられることでしょう。当ブログでも、これらの情報を逐次お伝えしていきます。

ソース:Weibo (1) (2) (3) (4)

OPPO Reno5 Aがワイモバイルで実質6800円!iPhone 12 mini、AQUOS sense4 basicも特価に

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiが大好き!スマートフォンやガジェットのブロガーです。皆さんに、Xiaomi製品の最新情報や、レビュー、オトク情報などをお届けします!

オススメ記事

-Xiaomi最新情報
-

© 2022 プラグマライフ Powered by AFFINGER5