Xiaomi最新情報

Redmi K50 Proのリーク情報に基づくレンダリング画像が公開される。トリプルカメラを搭載?

画像出典:Xiaomiui

シャオミの非公式コミュニティ/情報サイト「Xiaomiui」がRedmi K50 Proのリークされたケース画像を元にレンダリング画像を作成しています。

Redmi K50 Proは、Xiaomi CiviやVivo iQOO 7等と似たカメラデザインが採用されている可能性があります。

Redmi K50 Proのレンダリング画像

Xiaomiuiが作成したレンダリング画像は以下のものです。勿論これは非公式に作成されたコンセプトデザインであり、公式レンダリング画像とは異なることに注意してください。

画像出典:Xiaomiui

リークが正しければ、Redmi K50 Proは、Redmi Note 11Proと同様にサイドフレームが角張ったデザインになっているようです。

なお元になったケースの写真は以下のもので、中国のSNS「Weibo」等で出回っています。

画像出典:Xiaomiui

カメラモジュールのデザインはXiaomi Civiと非常によく似ており、各レンズの配置はVivo iQOO 7に似ています。このレンズ配置は、有名リーカーのデジタルチャットステーション(数码闲聊站)氏が以前伝えた内容と一致しています。

参考▷Redmi K50シリーズでは、Dimensity 9000搭載機が最上位モデルに?Snapdragonを逆転か

OCNモバイルONEのスマホ最安1円セール!人気のAQUOS sense6やMi 11 Lite 5G等が大幅値引き!

Redmi K50 Proのスペックのリーク情報

Xiaomiuiによれば、Redmi K50 Proのスペックは以下の通りです。

背面にはトリプルカメラが搭載されており、構成は6400万画素のSony IMX686メインカメラ、1300万画素のOV13B10超広角カメラ、200万画素のPGC02M1または8MPOV08A10マクロカメラになります。

また、Redmi K50 Proは、Snapdragon 8 Gen1プロセッサー、AW8697振動モーターを搭載します。この振動モーターは、Xiaomi12シリーズで使用されているものです。

Redmi K50 Proのディスプレイは、6.67インチのAMOLEDパネルで解像度はFHD+(1080×2400ピクセル)です。また、リフレッシュレートが60〜90〜120Hzの範囲で調整可能です。

その他、指紋センサーは電源ボタンを兼ねており、Xiaomi 12 Proに搭載された「SUrge P1」充電チップは使用されていません。

シャオミは、Redmi K50シリーズを来月にも発表すると明らかにしています。実際のスペックやデザインがどのようなものになるのか注目しましょう。

ソース:Xiaomiui

この機会を逃すな!全部入り5GスマホOPPO Reno5 Aが実質7,080円で購入可能

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiが大好き!スマートフォンやガジェットのブロガーです。皆さんに、Xiaomi製品の最新情報や、レビュー、オトク情報などをお届けします!

オススメ記事

-Xiaomi最新情報
-

© 2022 プラグマライフ Powered by AFFINGER5