Xiaomi最新情報

シャオミの次期折りたたみスマホMix Fold 2は、18:9に近い比率のサブ画面に?

シャオミの次期フォルダブル・スマートフォン「Xiaomi Mix Fold 2」は、高リフレッシュレートの2Kメイン画面を備え、サブ画面は通常のスマートフォンに近いサイズになるかもしれません。

中国のSNS「Weibo」にて、有名リーカーのデジタルチャットステーション(数码闲聊站)氏が伝えました。

※中国語の投稿をGoogle翻訳で日本語訳しています。

同氏の投稿の最後にあるウサギの絵文字はシャオミに関する内容を示唆するものです(シャオミの公式マスコットがウサギのため)。

同氏によれば、Xiaomi Mix Fold 2とされるモデルナンバー「l18」の端末は、SoCにSnapdragon 8 Gen 1を採用。折りたたみのメイン画面は正方形に近いアスペクト比で、外部のサブ画面はHonor Magic Vと同様のアスペクト比であるといいます。

Honor Magic V

Magic Vは、Honorが最近発表したばかりの同社初のフォルダブル・スマートフォンで、メイン画面の画面比率が10.3:9、サブ画面が21.3:9となっています。

従来のフォルダブル・スマートフォンは折りたたんだ状態だと非常に長いものが多く、Mi Mix Foldのサブ画面のアスペクト比は27:9でした。

これには「縦長すぎて使い辛い」というユーザーの不満もあり、昨年末にOPPOが発表したフォルダブル・スマートフォンOPPO Find Nは18:9と一般的なアスペクト比で好評を博しています。

OPPO Find N

また、OPPO Find Nは最小構成で7,699元(約14万円)とこれまでのフォルダブル・スマートフォンと比べると破格の安さでした。

参考▷OPPO Find N 実機レビュー!絶妙なサイズと美麗ディスプレイのフォルダブルスマホ

これに対して、Mi Mix Foldの発売時の価格は9,999元(約19.1万円)で従来の製品よりは安価だったものの、これと同じではOPPO Find Nが市場に登場した今、競争力の高い価格とは言えません。

今年は各メーカーがこぞってフォルダブル・スマートフォンを市場に投入し、競争が激化すると言われています。「コスパのシャオミ」として、Xiaomi Mix Fold 2にはどこよりも安い価格と、より高いスペックや使い勝手に期待したいと思います。

なお、Xiaomi Mix Fold 2は、今年第1四半期にも発表されると噂されています。

ソース:Weibo

オススメ記事

-Xiaomi最新情報
-

© 2022 プラグマライフ Powered by AFFINGER5