Xiaomi最新情報

Redmi K50 Gamingは中央パンチホールのストレートスクリーン、ショルダーボタンを搭載か

先日、Redmi K50 Gaming Editionと思われる端末が、中国TENAA認証を通過したという情報をお伝えしました。

参考▷Redmi K50 Gamingが中国MIIT認証を通過か。K50シリーズ発表が前倒しになる可能性も

今回、有名リーカーのデジタルチャットステーション(数码闲聊站)氏が提供した新たな情報によれば、Redmi K50 Gaming Editionは、高性能ゲーム体験に焦点を合わせて、すでに開発中とのことです。

※中国語の投稿をGoogle翻訳で日本語訳しています。

また、ディスプレイは中央にパンチホールが一つ配置されたストレートスクリーンで、右側にポップアップ式の頑丈なショルダーボタンが付いているといいます。

今年4月に中国で発表されたRedmi K40 Gaming Editionは、MediaTek Dimensity 1200を搭載した安価なゲーミング・スマートフォンで、左右にポップアップ式ショルダーボタンを備えていました。

しかし、今回、同氏は右側のショルダーボタンのみに言及しており、左側については不明です。ただ、右側だけボタンを搭載しているというのも不思議な話なので、左側についても同様に搭載されると考えるのが自然でしょう。

Redmi K50シリーズについては、ベースモデルであるK50、上位モデルのK50 Pro / Pro+、前述のK50 Gaming Edition(Gaming Pro Edition)に加えて、K50 Gaming Standard Editonも発売される可能性があります。

参考▷Redmi K50シリーズは来年2月末に発表か。Snapdragon 8 Gen 1やDimensity 9000などが採用される可能性

また、同シリーズのSoCについては、Qualcomm Snapdragon 870および8 Gen 1、MediaTek Dimensity 7000および9000を搭載し、来年第1四半期にも発表されると噂されています。

ソース:Weibo

「OCNモバイルONE」最安1円のスマホセール!人気の全部入りスマホAQUOS sense6やOPPO Reno5 Aもお得に

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiが大好き!スマートフォンやガジェットのブロガーです。皆さんに、Xiaomi製品の最新情報や、レビュー、オトク情報などをお届けします!

オススメ記事

-Xiaomi最新情報
-

© 2022 プラグマライフ Powered by AFFINGER5