Xiaomi最新情報

Redmi K50シリーズは来年2月末に発表か。Snapdragon 8 Gen 1やDimensity 9000などが採用される可能性

シャオミが今年第1四半期に発表したRedmi K40シリーズは非常に好評で、中国の大手EC「京東」の双11セールでRedmi K40が最も売れたスマートフォンとなっています。

後継機となるRedmi K50シリーズの準備が進められていることは公式に明らかにされていますが、有名リーカーのデジタルチャットステーション(数码闲聊站)氏によれば、発表時期は2022年2月末になる可能性があります。

Redmi K50シリーズは2022年2月末発表予定か

デジタルチャットステーション氏によれば、Redmi K50シリーズは2022年2月末に暫定的に予定されていると言います。

※中国語の投稿をGoogle翻訳で日本語訳しています。

同氏が以前伝えたところによると、K50シリーズではMIUI 13がプリインストールされており、チップセットにMediaTekのDimensity 7000、Dimensity 9000、また、QualcommのSnapdragon 870、Snapdragon 8 Gen 1が採用される可能性が示唆されていました。

参考▷Redmi K50シリーズではMIUI 13をプリインストールか。Dimensity 7000、9000を搭載したモデルも?

また、1億800万画素のカメラセンサー、高品質のフレキシブルスクリーン・ディスプレイ、67W急速充電対応の大容量バッテリー、X軸リニアモーター、JBLチューニングのデュアルスピーカーが採用される可能性も伝えています。

参考▷【噂】Redmi K50シリーズは108MPカメラ、スナドラ8シリーズ、JBLスピーカーなど採用か

OCNモバイルONEのスマホ最安1円セール!人気のOPPO A54 5Gや新製品Xiaomi 11Tシリーズ等が大幅値引き

Redmi K50シリーズは4機種、または5機種に?

今年発表されたK40シリーズでは、K40がSnapdragon 870、K40 Pro / Pro+がSnapdragon 888、K40 Gaming EditionがDimensity 1200を搭載していました。

Redmi K40

また、Dimensity 1100を搭載し、中国外で「POCO X3 GT」として販売されている中国の「Redmi Note 10 Pro 5G」は、開発段階では当初「Redmi K40 Gaming Standard Edition」と呼ばれていました。

Redmi Note 10 Pro 5G(中国)

これを引き継ぐなら、K50シリーズでは、K50がSnapdragon 870、K50 Pro / Pro+がSnapdragon 8 Gen 1を搭載。また、K50 Gaming Standard EditionがDimensity 7000、K50 Gaming EditionがDimensity 9000を搭載する可能性があります。

一方、K50シリーズはK40シリーズと同じく4機種で、Gaming Standard Editionはない可能性もあります。この場合、K50がDimensity 7000、K50 Pro がSnapdragon 870、K50 Pro+がSnapdragon 8 Gen 1、Gaming EditionがDimensity 9000を搭載することも想定できます。

前述の通りK40シリーズは、ユーザーから好評を得ています。その理由は、ベースモデルのK40の場合で、1999元(約3.5万円)から購入できる安価な製品にも関わらず、ハイスペックを実現している点にあるでしょう。K40シリーズは中国外ではPOCOシリーズとして展開されており、是非日本でもK50シリーズを発売してほしいと思います。

ソース:Weibo(情報元)GSMArena(経由)

Xiaomi 11T / 11T Proがお得に購入できる方法まとめ!MNPなしでも最安3.2万円より

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiが大好き!スマートフォンやガジェットのブロガーです。皆さんに、Xiaomi製品の最新情報や、レビュー、オトク情報などをお届けします!

オススメ記事

-Xiaomi最新情報
-

© 2022 プラグマライフ Powered by AFFINGER5