Xiaomi最新情報

Xiaomi 12のレンダリング画像が流出?5000万画素トリプルカメラ搭載の可能性

シャオミが、まもなく発表すると言う新型フラッグシップスマートフォン「Xiaomi 12」シリーズについては、まだ公式に発表日やスペックは明らかにされていません。

そのため様々な噂や憶測が飛び交っていますが、昨日から、Xiaomi 12とされるレンダリング画像がWeiboやCoolapkなど、中国のSNSで出回り始めました。

Xiaomi 12とされるレンダリング画像

流出したXiaomi 12とされるレンダリング画像は以下のものです。

画像出典:Twitter

この画像を見る限り、カメラモジュールには大きなカメラと2つの小さなカメラが納められており、「50MP(5000万画素)」のロゴがあります。

ディスプレイは上部中央にパンチホールがあり、左右双曲面のエッジスクリーンのようです。また、ブラックの背面は、Xiaomi CIVIのようなAGガラスパネルのように見えます。

Xiaomi 11T / 11T Proがお得に購入できる方法まとめ!MNPなしでも最安3.2万円より

これまでのXiaomi 12の有力情報と一致

上掲のレンダリング画像から分かる特徴は、これまで有力とされている情報と一致するものです。

以前、有名リーカーのデジタルチャットステーション(数码闲聊站)氏は、Weiboにて、Xiaomi 12の背面カメラのデザインがRedmi K30Sによく似たものになることを示唆したかのような投稿を行っていました。

※中国語の投稿をGoogle翻訳で日本語訳しています。

Redmi K30Sは昨年中国で発表されたモデルで、グローバルではMi 10Tとして発表されました。画像の通り、大きなサイズのメインカメラ、小さなサイズの超広角カメラおよびマクロカメラ、LEDライト等を一つのカメラユニットに収めたデザインとなっており、Xiaomi 12も同様の構成である可能性があります。

画像出典:Weibo

また、ディスプレイは左右に緩やかなカーブのあるエッジスクリーンで、上部中央にパンチホールがあると言います。

※中国語の投稿をGoogle翻訳で日本語訳しています。

さらに、同氏は昨日の投稿で、背面にはトリプルカメラを備え、パネルはAGガラスになると伝えていました。

※中国語の投稿をGoogle翻訳で日本語訳しています。

その他、標準モデルのXiaomi 12は、5000万画素のメインカメラに100Wの急速充電器と大容量バッテリーを搭載し、比較的スリムなボディになると伝えられています。

勿論、今回流出したレンダリング画像が、これらの情報を元に作られた精巧なフェイクである可能性もあります。まもなく行われるであろうXiaomi 12の新製品発表会で、真実が明らかになることでしょう。

ソース:Weibo (1) (2) (3)

Xiaomi 11T / 11T Proがお得に購入できる方法まとめ!MNPなしでも最安3.2万円より

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiが大好き!スマートフォンやガジェットのブロガーです。皆さんに、Xiaomi製品の最新情報や、レビュー、オトク情報などをお届けします!

オススメ記事

-Xiaomi最新情報
-

© 2022 プラグマライフ Powered by AFFINGER5