Xiaomi最新情報

Xiaomi 12 miniのデザイン・スペック・価格が流出?シャオミ関係者がツッコミを入れる

シャオミは来月にも新型フラッグシップスマートフォン「Xiaomi 12シリーズ」を発表すると見られていますが、最近の噂によるとシリーズには6.3インチディスプレイの「Xiaomi 12 mini(仮称)」が含まれるようです。

昨日、Xiaomi 12 miniのデザイン・スペック・価格が分かるポスター画像がリークされ、Weibo等の中国のSNS上で出回っています。しかし、不自然な点が非常に多くフェイクとの見方が大多数のようです。

Xiaomi 12 miniのポスターとされる画像が出回る

中国のSNS上で出回っているXiaomi 12 miniのポスター画像は以下のものです。

これによると、ディスプレイは6.28インチのSmasung E5 AMOLEDで、リフレッシュレート120Hz、ピーク輝度1500nitに対応。厚み7.96mm、横幅70.3mm、重量176gで薄型軽量となっています。

チップセットはSnapdragon 870を搭載し、アウトカメラは1億800万画のメイン、2000万画素の超広角、2倍望遠、5倍ペリスコープのクアッドカメラ構成。67W有線充電、50Wワイヤレス充電に対応した4200mAhのバッテリーを搭載しています。

12月21日より先行販売が開始され、価格は3599元(約6万4,000円)からとなっています。

ところが、このポスター画像は不自然な点が非常に多くなっています。まず端末のデザインはVivo X50をベースにしたコラ画像と思われ、特にカメラデザインはそのままです。

vivo X50

また、1億800万画素のセンサーを搭載するシャオミ製スマートフォンは、カメラモジュールに「108MP」と記載されるのが通例となっていますが、この画像では「AI QUAD CAMERA」となっているように見えます。

またスペックについても、このような小型で薄い寸法にクアッドカメラや、67W有線充電、50Wワイヤレス充電に対応した4200mAhのバッテリーを詰め込むことが、他の部品との兼ね合いを考えると果たして可能なのかという疑問もあります。

そして、スペックを細かく見ていくと「HFC+红外遥控(赤外線リモコン)」とありますが、HFCはNFCの間違いでしょう。

 

以上のように不自然な点が多々あるため、このポスター画像はフェイクとの見方が大多数のようです。

Xiaomi 11T / 11T Proがお得に購入できる方法まとめ!MNPなしでも最安3.2万円より

Redmiプロダクトディレクターがこの話題にツッコミ

昨日、Weiboでは以上のポスター画像が盛んに話題にされていました。

これに対し、シャオミのサブブランドRedmiのプロダクトディレクター「王腾Thomas」氏が反応。この話題を引用して「HFCという新機能とは?」とツッコミを入れました。

※中国語の投稿をGoogle翻訳で日本語訳しています。

同氏は特に肯定も否定もしていませんが、笑う絵文字も付いているように明らかにネタにした投稿なので、やはりこの画像を本気で捉えない方が良さそうです。なお、これまでのXiaomi 12 miniの噂については以下の記事をご覧ください。

参考▷Xiaomi 12 miniが存在?6.3インチディスプレイ、スナドラ8シリーズを搭載か

ソース:WeiboZOL中关村在线

OCNモバイルONEのスマホ最安1円セール!人気のOPPO A54 5Gや新製品Xiaomi 11Tシリーズ等が大幅値引き

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiが大好き!スマートフォンやガジェットのブロガーです。皆さんに、Xiaomi製品の最新情報や、レビュー、オトク情報などをお届けします!

オススメ記事

-Xiaomi最新情報
-,

© 2021 プラグマライフ Powered by AFFINGER5