Xiaomi最新情報

【噂】Redmi Note 11シリーズは、SoCとデザインを変更して来年第1四半期にグローバル発表か

シャオミは先月、中国で最大のセールのひとつである「独身の日(11月11日)」に合わせてRedmi Note 11シリーズを発表しました。同シリーズのグローバル展開は、2022年第1四半期と噂されています。

Redmi Note 11グローバル版はSnapdragon搭載&デザイン変更の噂

ベトナムのテックメディア「The Pixel」によると、シャオミはRedmi Note 11シリーズが搭載しているMediaTek Dimensityシリーズを、Qualcomm製Snapdragonシリーズに換装。さらにバックパネルのデザインを変更する可能性があると言います。

なお、同シリーズのベースモデルであるRedmi Note 11は、グローバルでPOCO M4 Pro 5Gとしてリブランドされ発表済みです。また、インドでは、Redmi Note 11 ProがXiaomi 11i、Pro+がXiaomi 11i HyperChargeとして発表されると噂されています。

Xiaomi 11T / 11T Proがお得に購入できる方法まとめ!最安2.7万円より

Redmi Note 11シリーズ(中国)の特徴

Redmi Note 11

Redmi Note 11は、SoCにMediaTek Dimensity 810、ディスプレイに90Hzのリフレッシュレートに対応した6.6インチの液晶パネル、5000万画素のメインカメラを採用。5000mAhのバッテリーを搭載し、最大33Wの有線急速充電に対応しています。

その他、デュアルスピーカーと3.5mmイヤホンジャックを搭載。中国では1199元(約2.1万円)から購入することができます。

Redmi Note 11 Pro / 11Pro+

Redmi Note 11 ProおよびRedmi Note 11 Pro+は、ほとんどのスペックが共通でバッテリー容量と急速充電の出力以外あまり違いがありません。

主な特徴としては、MediaTek Dimensity 920チップセット、6.67インチのサムスン製AMOLEDディスプレイ、1億800万画素のメインカメラ、JBLチューニングのデュアルスピーカーを搭載しています。

バッテリーについては、Redmi Note 11 Proはバッテリー容量5160mAhで、最大67Wの有線急速充電に対応。Redmi Note 11 Pro+はバッテリー容量4500mAhで、最大120Wの有線急速充電に対応しています。

中国では、Redmi Note 11 Proは1599元(約2.8万円)、Redmi Note 11 Pro+は1899元(約3.3万円)から購入することができます。

ソース:The Pixel(情報元)GSMArena(経由)

OCNモバイルONEのスマホセール!高性能タブレットXiaomi Pad 5や、最新薄型スマホmotolora edge 20も特価に

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiが大好き!スマートフォンやガジェットのブロガーです。皆さんに、Xiaomi製品の最新情報や、レビュー、オトク情報などをお届けします!

オススメ記事

-Xiaomi最新情報
-

© 2021 プラグマライフ Powered by AFFINGER5