Xiaomi最新情報 クーポン・セール情報

Xiaomi Pad 5が今売れてるタブレットTOP10入り!iPadの独占市場に食い込む

シャオミが10月末に日本で発売したタブレット端末Xiaomi Pad 5が、「BCNランキング」のタブレット実売台数ランキング(2021年10月25日~10月31日集計)でTOP10に入りました。

参考▷今売れてるタブレット端末TOP10、シャオミ製品が初TOP10入り 2021/11/7

この記事では、最新のタブレット実売台数ランキングの順位と、Xiaomi Pad 5の主な特徴や、お得に購入できる方法をまとめています。

BCNランキングのタブレット部門でXiaomi Pad 5が8位にランクイン

「BCNランキング」2021年10月25日から10月31日の日次集計データによると、タブレットの実売台数ランキングは以下の通りとなりました。

1位 10.2インチiPad Wi-Fi 64GB スペースグレイ MK2K3J/A(アップル)

2位 iPad mini Wi-Fi 64GB スターライト MK7P3J/A(アップル)

3位 10.2インチiPad Wi-Fi 64GB シルバー MK2L3J/A(アップル)

4位 iPad mini Wi-Fi 64GB スペースグレイ MK7M3J/A(アップル)

5位 iPad mini Wi-Fi 64GB パープル MK7R3J/A(アップル)

6位 10.9インチiPad Air Wi-Fi 64GB スカイブルー MYFQ2J/A(アップル)

7位 Lenovo Tab M10 HD(2nd Gen) ZA6W0003JP(レノボ・ジャパン)

8位 Xiaomi Pad 5 128GB コズミックグレー (Xiaomi)

9位 LAVIE Tab E TE510/KAS(NEC)

10位 iPad mini Wi-Fi 256GB スターライト MK7V3J/A(アップル)

8位にシャオミが10月21日に発売した「Xiaomi Pad 5 128GB コズミックグレー」が新たにランクイン。カラーバリエーションにはパールホワイトもありますが、そちらは10位圏外となっています。

Amazon実売価格(11/7時点):4万3,780円

今年9月には各量販店やMVNOのセールなどもあり、SIMフリースマートフォン市場でシャオミ製端末が複数TOP10入りして猛威を奮っていましたが、タブレット市場でもシャオミが存在感を発揮する結果に。

タブレット市場は長年アップルのiPadの牙城であり、特にハイエンドタブレットはiPadの一強状態でした。ここにハイエンドAndroidタブレットであるXiaomi Pad 5が食い込んだことは、快挙と言っていいでしょう。

ソース:Yahoo!Japanニュース

Xiaomi Pad 5の主な特徴

Xiaomi Pad 5は、ハイエンドSoC(CPU)のSnapdragon 860を搭載するタブレット端末です。

ディスプレイは11インチの液晶を採用。解像度2.5K(2560×1600ピクセル)、リフレッシュレート120Hz、タッチサンプリングレート240Hzで、10億色表示、Dolby Visionに対応しています。

また、クアッドスピーカーを搭載しており、AmazonプライムビデオやNetflixの高画質に対応しているので、迫力のある動画視聴が楽しめます。

その他、バッテリー容量は8720mAhで、1300万画素のリアカメラ、800万画素のフロントカメラを搭載。重量は511g、厚さは6.85mmで、顔認証に対応しており、別売りのスマートペンが使用できます。

メモリ/ストレージ構成は、メモリ6GB/ストレージ128GBモデル、メモリ6GB/ストレージ256GBモデルの2種類(後者は11月末発売予定)で、カラーはコズミックグレーとパールホワイトが用意されています。

 

なお、当ブログではXiaomi Pad 5の実機レビューを公開しているので、是非ご覧ください。

Xiaomi Pad 5実機レビュー!iPadに対するシャオミの刺客。3万円台の高性能タブレット

Xiaomi Pad 5のスペック

Xiaomi Pad 5のスペックは以下の通りです。

Xiaomi Pad 5(日本版)
OSMIUI for Pad
SoCSnapdragon 860
メモリ/
ストレージ
メモリ6GB
ストレージ128GB/256GB
LPDDR4X RAM + UFS 3.1
ディスプレイ11インチ, 液晶
Dolby Vision, 10bit, DCI-P3
リフレッシュレート120Hz
リアカメラ1300万画素
インカメラ800万画素
バッテリー8720mAh, 33W急速充電?
オーディオスピーカー4基,
Dolby Atmos
生体認証
通信Wi-Fi 5
Bluetooth 5.0
サイズ6.85mm
重量511g
カラーパールホワイト、コズミックグレー
市場想定価格6GB/128GB:4万3,780円(税込)
6GB/256GB:5万4,780円(税込)
スマートペン(別売):1万1,180円(税込)

※充電のW数について:GSMArenaによると、グローバル版は公式に記載がないが33Wに対応しているとのこと(グローバル版に技適があるので、日本版もおそらく同仕様)。

ソース:Xiaomi

OCNモバイルONEで、Xiaomi Pad 5+Mi 11 Lite 5Gセットが5.7万円で購入可能!

ドコモのエントリーMVNO「OCNモバイルONE」は、SIMカード契約+「Xiaomi Pad 5」と世界一薄い5Gスマートフォン「Mi 11 Lite 5G」のセットの販売を実施しています。

市場想定価格がXiaomi Pad 5が4万3,780円、Mi 11 Lite 5Gが4万3,800円なので、合計8万7,580円。それが3万円以上安い5万7,000円(税込)で購入できてしまうので驚きです!

人気商品のため入荷して即日売り切れることも少なくありません。気になる方は在庫があるときに早めの購入をおすすめします。

\詳細はコチラ!/

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEって?ドコモ回線が550円から使用可能

ポイント

✅NTTの系列企業で安心のドコモ回線

✅格安SIMの中では回線速度が比較的速い

✅料金が月550円~(税込)とかなり安い!

✅ミュージック通信容量カウントフリー

電話かけ放題、安心補償アプションあり

OCNモバイルONEはNTTの系列企業で、日本全国ほぼどこでもつながるドコモ回線通信速度も優秀で、MM総研「2020年10月MVNOネットワーク品質調査」の通信速度の調査結果では2期連続の一位となっています。

2021年4月1日より始まった新プランが業界でも屈指の安さで、安定して速いことも考えればトップクラスに優秀なコスパSIMです。また、10月21日からOCNの利用料の支払いでdポイントが貯まるようになり、貯めたdポイントを料金の支払いに充当できるようにもなりました。

\詳細はコチラ!/

OCNモバイルONE

OCNモバイルONE契約の初期費用

※公式情報を参照して、当ブログが作成

OCNモバイルONE契約時にかかる初期費用は以上の通り。

「初期手数料」と「SIMカード手数料」の合計3,733.4円(税込)が初期費用で、これに音声SIM分の「月額利用料金」が加わります。支払い方法については、クレジットカードのみです。

OCNモバイルONEの月額料金プラン一覧

※公式情報を参照して、当ブログが作成

OCNモバイルONEのプランは、0.5GB、1GB、3GB、6GB、10GBの4種類と非常にシンプルで、基本料金は550円(税込)から。OCN光モバイル割を適用できれば、さらに200円引きになります(0.5GBプラン除く)。

また、0.5GB/月のプランは10分相当の無料通話(月合計)もついており非常にお得です。端末セットとの購入時は選べませんが、契約後こちらのプランへの変更が可能です。

これらの基本プランに、任意で加入する「電話かけ放題」1,430円(税込)などのオプション料金が加算される仕組み。勿論、他に何も加入しなければ、上記の表そのままの基本利用料になります。

電話料金については、専用アプリ不要で11円 (税込) /30秒と、通常の半額。「電話かけ放題」オプションの場合は、専用アプリから電話をかける必要があります。

なお、最低利用期間は設定されておらず、解約違約金、MNP転出手数料も共に0円となっています。

\詳細はコチラ!/

OCNモバイルONE

IIJmioでは、Xiaomi Pad 5単品が3万9800円で購入可能!

格安SIMのIIJmioではXiaomi Pad 5単品の購入が可能。価格は税込で一括3万9,800円(24回払い:1,661円/月)です。

ただし、購入できるのはIIJmio会員限定。既になっている方以外はSIMカード(2GB/月:税込858円)を契約する必要があるので、この機会に格安SIMへの乗り換えを検討してみてもいいかもしれません。

\詳細はコチラ!/

IIJmio

IIJmioの特徴:スマホ以外も安く買える!

IIJmioはMM総研の国内MVNO市場調査(リンク)によれば、2021年3月末時点でシェア第一位。また、現在キャンペーン中で初期費用が1円となっています。

主な特徴は以下の通りです。

ポイント

キャンペーンで初期費用1円(税込)+データ容量1GB増量中

プランは2GBで858円(税込)~と格安

✅3分 or 10分かけ放題オプションあり

✅余ったデータ量は翌月繰り越し可能

✅機能やデータ量が違っても家族でデータシェア可能

✅ドコモ、au回線を選べる。eSIMも対応
※eSIMはドコモ回線のみ

ワイモバイルやUQモバイルは、家族で契約していても1回線目は家族割が適用されなかったりしますが、IIJmioは1回線目もそれ以降も全部安くシンプルな料金体系。更に5Gも無料で利用でき、MNP転出料・契約解除料もなしとなっています。

また、IIJmio会員になるとXiaomi Pad 5以外のタブレット、イヤホン、スマートウォッチがお得に購入可能です。

分類製品名一括払い(税込)24回払い(税込)
タブレットXiaomi Pad 53万9,800円1,661円/月
スマートスピーカーGoogle Nest Mini6,050円253円/月
イヤホンRedmi Buds 3 Pro
6,480円271円/月
イヤホンMi 完全ワイヤレスイヤホン2 Basic3,500円148円/月
イヤホンOPPO Enco Buds4,000円167円/月
イヤホンOPPO Enco Free21万2,500円522円/月
スマートウォッチMi スマートバンド 65,500円236円/月
スマートウォッチMi Watch Lite7,000円297円/月
スマートウォッチHUAWEI Band 66,480円275円/月
セキュリティカメラMi 360°家庭用スマートカメラ 2K4,800円203円/月

※公式情報を参照して、当ブログが作成

\11月30日までセール中!/

IIJmio

その他の端末もセールで非常に安くなっているので、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

IIJmio秋の乗り換えキャンペーン第二弾!スマホ110円~、最大1万円分ギフトもあり

IIJmio月額料金(音声&eSIMプラン)

IIJmioギガプランの月額料金は以下の通り。これに通話料(11円/30秒)やオプション料金が加算される仕組みです(オプション例:通話定額3分なら月額+税込660円、通話定額10分なら月額+税込913円)。

音声プラン月額料金
2ギガプラン
※キャンペーンで3ギガに!
税込858円
4ギガプラン
※キャンペーンで5ギガに!
税込1,078円
8ギガプラン
※キャンペーンで9ギガに!
税込1,518円
15ギガプラン
※キャンペーンで16ギガに!
税込1,848円
20ギガプラン
※キャンペーンで21ギガに!
税込2,068円

※公式情報を参照して、当ブログが作成

また、初月のみ初期費用とSIMカード発行料が発生します。初期費用はキャンペーン対象なら税込み1円、SIMカード発行手数料はドコモ回線(税込433.4円)、au回線(税込446.6円)となっています。

eSIMプランは以下の通り。ドコモ回線のみで、データ通信しかできませんが、さらに格安のプランとなっています。

eSIMプラン
(データ通信・ドコモ回線のみ)
月額料金
2ギガプラン
※キャンペーンで3ギガに!
税込440円
4ギガプラン
※キャンペーンで5ギガに!
税込660円
8ギガプラン
※キャンペーンで9ギガに!
税込1,100円
15ギガプラン
※キャンペーンで16ギガに!
税込1,430円
20ギガプラン
※キャンペーンで21ギガに!
税込1,650円

※公式情報を参照して、当ブログが作成

eSIMは、iPhoneやiPad(いずれも2018年9月リリース以降のものは全て対応)、一部のAndroid端末で対応。対応するiPhone、Andoirdスマートフォンなら物理SIMに加えてeSIMでデータ増量、iPadならeSIMのみでデータ通信を行うと良いでしょう。

その他、オプションやSMS、データのみの料金は公式サイトでご確認ください。

料金詳細はコチラ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiが大好き!スマートフォンやガジェットのブロガーです。皆さんに、Xiaomi製品の最新情報や、レビュー、オトク情報などをお届けします!

オススメ記事

-Xiaomi最新情報, クーポン・セール情報
-, ,

© 2021 プラグマライフ Powered by AFFINGER5