Xiaomi最新情報

Redmi Note 11シリーズに1億画素カメラ採用が確定!サムスンHM2センサーの可能性大

シャオミのサブブランドRedmiが、公式WeiboアカウントにてRedmi Note 11シリーズに1億画素カメラが採用されていることを明らかにしました。具体的な機種には触れられていませんが、これまでの噂によれば、上位機種のRedmi Note 11 ProおよびRedmi Note 11 Pro+に搭載されるものと思われます。

また、バッテリーについて、テュフ・ラインランドの安全認証を得ていことと、4500mAhの大容量バッテリーが搭載されることも明らかになりました。

1億画素カメラ搭載をRedmi公式が公開

Redmiは公式Weiboアカウントで以下の広告を掲載しています。

 

これによれば、Redmi Note 11シリーズでは1億画素のカメラセンサーを搭載。隣合う9つの画素を仮想的に1画素として出力する9 in 1ピクセルビニング技術がPRされており、融合されたピクセルサイズは2.1μmとのことなので、これに該当する既存のセンサーはサムスン製Isocell HM2です。

このセンサーは、日本でも発売されているRedmi Note 10 Proや、11月に日本発売されるXiaomi 11Tシリーズにも採用されている1億800万画素のセンサーです。作例も公開されており、夕暮れの街をクリアで純粋に映し出し、そして正確な露出と空の色を表現するといいます。

更に充電技術に関しては、120W急速充電に対応すると既に発表されていますが、技術、安全、証明サービスに関する世界的認証機関であるテュフ・ラインランドの安全認証を得ていることも明らかに。また、4500mAhの大容量バッテリーが搭載されます。

 

その他、公式に言及されている情報によれば、リフレッシュレート120Hzのサムスン製AMOLEDディスプレイ、3.5mmイヤホンジャック、X軸リニアモーター、多機能NFCを搭載。AGガラスを使用した背面パネル、WiFi 6やBluetooth 5.2といった最新の通信規格を採用していることが明らかになっています。

なお、京東に掲載された情報から、少なくとも中国では「Redmi Note 11 (5G)」「Redmi Note 11 Pro (5G)」「Redmi Note 11 Pro+ (5G)」の3機種があることも判明していますが、上記の情報は、シリーズに属するどの端末のものなのかについては触れられていないことに注意が必要です。

今後、正式発表までに更なる情報が公開されると思われるので、当ブログでも逐次お伝えしていきます。発表会は、中国で10月28日19時(日本時間20時)に予定されています。

OCNモバイルONEのスマホセール!高性能タブレットXiaomi Pad 5や、最新薄型スマホmotolora edge 20も特価に

Redmi Note 11シリーズのこれまでのリーク

これまでのリークでは、搞机阿森(Weiboアカウント)氏によるものがもっとも詳細です。同氏によれば、メインカメラのセンサーについては、ベースモデルのRedmi Note 11については5,000万画素のサムスン製Isocell JN1、Redmi Note 11 ProおよびRedmi Note 11 Pro+にはサムスン製Isocell HM2が採用されるといいます。

また、3機種の具体的なスペックや価格についても伝えられているので、詳細は以下の記事をご覧ください。ただし、同氏はあくまで参考で過信し過ぎないようにしてほしいとしていることに注意が必要です。

参考▷【噂】Redmi Note 11シリーズの詳細スペックがリーク!最上位モデルにDimensity 1200 AI搭載か

ソース:Weibo

Amazonダブルポイントウィーク!対象商品購入でポイント2倍還元。シャオミ製品も対象に

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiが大好き!スマートフォンやガジェットのブロガーです。皆さんに、Xiaomi製品の最新情報や、レビュー、オトク情報などをお届けします!

オススメ記事

-Xiaomi最新情報
-

© 2021 プラグマライフ Powered by AFFINGER5