Xiaomi最新情報

「Xiaomi 11T/11T Pro」のスペックがリーク。SoCと充電速度に違いあり?

画像出典:Snoopy (@_snoopytech_)

シャオミはグローバル(日本含む)で9月15日に新製品発表会を予定しており、既に「Xiaomi 11Tシリーズ」が発表されることを明らかにしています。

これに先立ち、スペックを含めた「Xiaomi 11T/11T Pro」の情報がリークされました。

11TはDimensity 1200&67W充電、11T ProはSD888&120W充電に?

リークしたのはTwitter上のリーカー「Snoopy (@_snoopytech_)」氏で、一部スペックの印字された「Xiaomi 11T/11T Pro」のレンダリング画像を公開しています。

画像出典:Snoopy (@_snoopytech_)

信憑性は不明ながら、インドの有名リーカー「Abhishek Yadav (@yabhishekhd)」もSnoopy氏のリーク情報を引用しています。

このリークによれば、「Xiaomi 11T/11T Pro」はいずれも1億800万画素のカメラを搭載しており、4K撮影およびHDR10+に対応。最大120Hzの可変リフレッシュレートに対応したAMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載します。

一方、相違点としてSoCと充電性能が挙げられます。「Xiaomi 11T」はMediaTek製の5Gチップセット「Dimensity 1200」を搭載し、67Wターボチャージに対応。これに対して、「Xiaomi 11T Pro」はQualcomm製の5Gチップセット「Snapdragon 888」を搭載し、120Wハイパーチャージに対応しています。

Xiaomi 11T Proに120Wハイパーチャージ搭載はほぼ確実か

Snoopy氏のリークの信憑性はともかくとして、既にシャオミは公式Twitterにて、120Wハイパーチャージが「Xiaomi 11T Pro」に搭載されることを仄めかしています。

8月に中国で発表された「Xiaomi MIX4」は120Wの急速充電を搭載しており、15分で満充電が可能とアピールされていました。「Xiaomi 11T Pro」も同じく120Wの充電技術に対応するのであれば、ほぼ同じ時間で満充電が可能と思われます。

これまでのリークによれば、「Mi 11T」については、MediaTek製プロセッサー、1億800万画素のメインカメラを含むトリプルカメラ、120Hzの有機ELディスプレイを搭載。「Mi 11T Pro」については、Qualcomm Snapdragon 888プロセッサー、120W急速充電対応の5,000mAhバッテリー、120Hzの有機ELディスプレイを搭載すると噂されていました。

参考▷シャオミ、9月15日に「Xiaomi 11T Pro」を発表へ!120W急速充電搭載。日本発売も?

これまでにシャオミが120W急速充電を搭載したのは「Mi 10 Ultra」「Xiaomi MIX4」の2種類の端末で、いずれも中国のみでの発売でした。「Xiaomi 11T Pro」が120Wハイパーチャージを搭載するのであれば、グローバル市場向けの端末としては初となります。

Xiaomi 11T/11 Proが日本発売の噂も

また、シャオミ・ジャパンのプレゼント企画のティザー画像には「Xiaomi 11T/11 Pro」らしきものが確認でき、日本での発売も噂されています。

参考▷日本で「Xiaomi 11T」をFeliCa搭載で発売か?シャオミ新製品発表会予告サイトを公開。プレゼント企画も

もし「Xiaomi 11T/11 Pro」が日本で発売されるのであれば、シャオミのハイエンドスマートフォンとしては初となります。日本時間9月15日21時の発表会を、大きな期待を持って待ちたいと思います。

ソース:Snoopy (1) (2)(情報元)、Abhishek Yadav(経由)

BIGLOBEモバイル「秋のスマホおトク祭り」!2万円分ポイント還元、初期費用0円等

IIJmio秋の乗り換えキャンペーン!スマホ110円~、初期費用1円、最大1万円分ギフトも

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

オススメ記事

-Xiaomi最新情報
-,

© 2021 プラグマライフ Powered by AFFINGER5