Xiaomi最新情報

Redmi Note 10 Proが異例の好評価 -DxOMARKカメラレビュー

Redmi Note 10 ProのカメラレビューがDxOMARKに掲載され、106点を獲得しました。

DxOMARKは、「スマートフォン、レンズ、カメラを科学的に評価する」ことを目的とするウェブサイトで、多くのメディアでDxOMARKの評価が引用されています。

Redmi Note 10 Proが獲得した106点は決して高いスコアではなく、現在の最高値は同じくXiaomiのMi 11 Ultraの143点となっています。とは言え、DxOMARKの上位に掲載されているスマートフォンの多くは、$1000前後の価格のハイエンド帯製品となっています。これに対してRedmi Note 10 Proの価格は$279に過ぎません。

順位の近い他の製品と見比べてみても、Redmi Note 10 Proの$279という価格は圧倒的に安いことが分かります。現状で106点というスコアは、$300未満のスマートフォンでは最高位、$400未満まで広げても3位に位置しており、その価格を考えれば異例の好評価と言ってよいでしょう。

※Redmi Note 10 Proは、$200~339の価格帯ではPixel 4a、OnePlus Nordに次ぐ3位。その下にiPhone SE、Find X2 Neoが続く。

具体的な評価を見てみると、夜景やズーム等の評価が低めになっていました。夜景やデジタルズームの弱さは、このブログのレビュー記事でも指摘しています。一方で、ディティールの精細さ、露出の正確さ、色合いの良さ、深度測定の性格さ等、多くの点で良い評価を受けており、DxOMARKはXiaomiのミッドレンジモデルであるRedmiの中でも最上位に位置しており、控えめな価格帯の機種としてはかなりのパンチ力を持っている」と述べています。

日本でも市場想定価格3万4800円で展開されているRedmi Note 10 Pro。現状日本で流通する低価格帯のスマートフォンでは、最高のカメラ性能を持った製品であると言えるでしょう。

ソース:DxOMARK

【1万円代で買える】Redmi Note 10 Pro特価セール情報まとめ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

オススメ記事

-Xiaomi最新情報

© 2021 プラグマライフ Powered by AFFINGER5