Xiaomi最新情報

Xiaomi、正式に米国ブラックリストから除外される

Xiaomiが、正式に米国政府のブラックリストから除外されました。同社は、1月上旬にトランプ政権によって、米国内で活動する「共産主義中国の軍事企業(CCMC)」の1社としてブラックリストに加えられており、これを不服として、2月に米政府を訴えていました。

5月25日に提出された文書によると、コロンビア特別区の地方裁判所は、国防総省によるXiaomiのCCMC指定を取り消しました。今月の12日には、Xiaomiと米国が「この訴訟をこれ以上争うことなく終了させるため合意した」ことが報道されており、今回の決定によって、Xiaomiの訴えを認める形でこの争いに決着がついたことになります。

5月26日にXiaomiが公開したプレスリリースで、同社は訴訟が終結したことを報告し、「当社は、全世界のユーザー、パートナー、従業員、株主の皆様からの信頼とご支援に感謝しています。当社は、当社がオープンで透明性があり、株式を公開し、独立して運営・管理されている企業であることを改めて表明します。」と述べました。

同じく中国企業であるHuaweiは、米国の重要技術へのアクセスが禁止されたことで、スマートフォン事業の継続が危ぶまれています。依然として米中関係は厳しく、今後もHuaweiへの制裁は継続すると思われますが、今回の決定で、とりあえずXiaomiとの問題は一件落着です。Xiaomi製品を主に取り扱う当ブログとしては、一安心したいと思います。

ソース:Xiaomi公式Twitter

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

オススメ記事

-Xiaomi最新情報

© 2021 プラグマライフ Powered by AFFINGER5