Xiaomi最新情報

Redmi Note 11T ProとPOCO X4 NFCが米FCC認証通過!グローバル発表に向け準備中との噂

シャオミの新型スマートフォン「Redmi Note 11T Pro」および「POCO X4 NFC」が米FCC認証を得て、正式発表への準備が進められているようです。インドのテックメディア「mysmartprice」が伝えました。

Redmi Note 11T Pro、POCO X4 NFCは近い仕様に?

Redmi Note 11T Proとされる端末のモデルナンバーは「2201116SG(k6s)」、POCO X4 NFCとされる端末のモデルナンバーは「2201116PG(k6p)」です。いずれも末尾が「G」となっているため、グローバル向けに準備されていることが分かります。

Redmi(2201116SG)リスト(画像出典:GSMArena

POCO(2201116PG)リスト(画像出典:GSMArena

モデルナンバーの類似性は、両者がよく似た仕様の端末であることを示唆しています。掲載されているリストによれば、いずれもMIUI 13がプリインストールされており、デュアルバンドWi-Fi接続、5Gに対応しているようです。

また、「2201116SG(k6s)」のバッテリー容量は4,900mAhで、67Wの充電出力に対応しており、メモリ6GB/ストレージ64GB、メモリ6GB/ストレージ128GB、メモリ8GB/ストレージ128GBの3つのバリエーションがあるようです。

OCNモバイルONEのスマホ最安1円セール!人気のAQUOS sense6やMi 11 Lite 5G等が大幅値引き!

以上の2機種はRedmi Note 11 Pro(中国)のリブランドモデルか

これまでの噂によれば、両者は中国で既に発表されている「Redmi Note 11 Pro」をベースにしたモデルである可能性があります。

Redmi Note 11 Proは、MediaTek Dimensity 920 SoC、6.67インチのサムスン製AMOLEDディスプレイ、1億800万画素のメインカメラ、JBLチューニングのデュアルスピーカーを搭載。バッテリー容量は5160mAhで、最大67Wの有線急速充電に対応しています。

その他、バックパネルにはAGガラスを採用しており、イヤホンジャック、X軸リニアモーター、IRブラスターを搭載しています。

中国では、Redmi Note 11 Proは1599元(約2.8万円)、Redmi Note 11 Pro+は1899元(約3.3万円)から購入することができます。

なお、このような仕様は中国市場外向けにリブランドされるにあたり、SoCについてはDimensityシリーズからSnapdragonシリーズに、さらにデザインも変更が加えられると噂されています。これまでのリーク情報や噂については以下の記事をご覧ください。

参考▷【噂】Redmi Note 11シリーズは、SoCとデザインを変更して来年第1四半期にグローバル発表か

参考▷【噂】Redmi Note 11 Pro / 11 Pro+が近くグローバル向けに正式発表か

参考▷【噂】POCO X4 NFCがグローバル向けに準備中?Redmi Note 11 Pro(中国)のリブランドモデルか

なお、これらのモデルは、今年第1四半期に発表されると噂されています。

ソース:mysmartprice(情報元)GSMArena(経由)

この機会を逃すな!全部入り5GスマホOPPO Reno5 Aが実質7,080円で購入可能

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiが大好き!スマートフォンやガジェットのブロガーです。皆さんに、Xiaomi製品の最新情報や、レビュー、オトク情報などをお届けします!

オススメ記事

-Xiaomi最新情報
-,

© 2022 プラグマライフ Powered by AFFINGER5