ガジェット

SOUNDPEATS Mini Proレビュー!コスパの良い小型ノイズキャンセリングイヤホン

ANCおよびaptX-Adaptiveに対応した完全ワイヤレスイヤホン「SOUNDPEATS Mini Pro」をご提供いただきました。

以下、レビューをお届けします。

やずX
やずXです。Twitterもやっているので、よろしければフォローお願いします!

SOUNDPEATS Mini Proの特徴

SOUNDPEATS Mini Proのサウンド面の特徴は以下の通りです。

サウンド

高音質&低遅延のaptX-Adaptiveコーデック対応

10mm ダイナミックドライバー搭載

自然で繊細な音を表現するバイオセルロース製の振動板

SOUNDPEATS Mini Proのその他の機能や仕様についての特徴は以下の通りです。

機能・仕様

最大35db ANC & 外部音取り込みに対応

Qualcomm QCC3040チップ & BT5.2で優れた接続性

cVc8.0ノイキャンでクリアな通話

タッチ操作対応。専用アプリは無し

最大21時間駆動

IPX5防水

以上の通り、aptX-AdaptiveコーデックやANCに対応しながら、1万円以下で購入できるコスパの高い製品となっています。

Amazonでの通常価格は6,680円(2022/07/11時点)ですが、Amazonプライムデーではブラックが25%OFFの4,980円、ホワイトが20%OFFの5,344円で購入可能です(いずれも税込)。

SOUNDPEATS Mini Proの本体と同根品をチェック

SOUNDPEATS Mini Proのパッケージです。それではさっそく開封していきます。

中身は以上の通り。充電ケース(イヤホン同梱)の他、充電ケーブル(充電アダプタは無し)、替えのイヤーピース(S/L, Mはイヤホンに装着済)、解説書が付属します。

充電ケースはマットな質感で落ち着いた雰囲気。サラサラしており、イヤホン含め約37.5gと非常に軽量です。

ケース背面にはType-C充電ポートがあります。

ケースの上蓋を開けるとイヤホン本体が登場します。

イヤホン自体、非常に小ぶりで片側約4.97gと非常に軽量です。

タッチセンサー部分はSの文字が描かれた独特のデザインで、良いアクセントになっていると思います。

独特の形状ですが、不思議と耳にフィットします。

通話やANC、外部音取り込みに対応した製品なので、複数のマイクを搭載。防水性能はIPX5あるので、多少の雨や水しぶき、汗にしっかり耐性があります。

SOUNDPEATS Mini Proを実際に使ってみた

音質・ANC・外部音取り込み・通話について

まず音質についてですが、10mm ダイナミックドライバー自然で繊細な音を表現するバイオセルロース製の振動板を採用していることもあり、豊かな低音域が特徴です。

一方で高音域は抑え気味ですが、中音域はニュートラルな印象。繊細な音表現を楽しむというよりも、バスドラムの響きやウォームで耳あたりの良いサウンドを楽しむイヤホンでしょう。

aptX-Adaptiveコーデックに対応していることもあり、遅延は少なめ。さらに遅延を抑えるゲームモードも搭載しています。

ANC(アクティブノイズキャンセリング)機能は、めちゃくちゃ強力という訳ではないですが、効果を実感するには十分。エアコンの音はスッと消えますし、タイピング音もかなり減衰します。

やずX
そもそも7,000円前後の価格でANCに対応していることがありがたいです!

外部音取り込み機能も価格を考えれば十分良好。複数のモードを搭載している訳ではありませんが、周囲音がより大きく聴こえるようになります。

通話品質も良好です。cVc8.0通話用ノイズキャンセルに対応しているので、相手側も雑音が少なくクリアに聞こえたとのことでした。

操作感・装着感について

タッチ操作のレスポンスも良好です。1~3タップおよび長押しでのタッチ操作に対応しており、1タップでのボリューム上下も可能です。

やずX
タッチ操作でボリューム上下できない製品は多いので、これはありがたい仕様です!

一方、専用アプリはありません。電話の受話/切り、ANC→外部音取り込み→ノーマル、曲のスキップなど様々な操作がタッチで可能ですが、操作方法は覚えておく必要があります。

片側5gを切る軽さと、耳にフィットする形状で装着感も良好。長時間使っても耳疲れしにくいと思います。

一方、コンパクトなサイズおよび軽さと引き換えに使用時間はあまり長くなく、イヤホンのみで最大7時間。ケース込みでも最大25時間に留まっています。

SOUNDPEATS Mini Proのスペック

SOUNDPEATS Mini Proのスペックは以下の通りです。

SOUNDPEATS Mini Pro
ドライバー 10mm DD
コーデック SBC / AAC / aptX Adaptive
ノイズキャンセリング 最大35db ANC
cVc 通話 NC
外部音取込 対応
タッチ操作 対応
専用アプリ なし
通信 QCC3040
Bluetooth 5.2
防水 IPX5
電池 ANCオン:イヤホン5時間、ケース込21時間
ANCオフ:イヤホン7時間、ケース込25時間
充電 Type-C, イヤホン2時間
サイズ ケース:60×24×45 mmmm
重量 イヤホン:4.97g(片方)
ケース:37.5g
カラー ブラック / ホワイト

SOUNDPEATS Mini Pro レビューまとめ:1万円以下でANC対応。コスパ良好

SOUNDPEATS Mini Proのレビューをお届けしました。

1万円以下の完全ワイヤレスイヤホンとしては、高音質低遅延のaptX Adaptiveコーデックや良好なANC/外部音取り込みに対応しており、非常にコスパの優れた製品です。

音質面では、豊かな低音が印象的なウォーム系のサウンドが楽しめます。

SOUNDPEATS製品はAmazonプライムデーでお得に!

Amazonでの通常価格は6,680円(2022/07/11時点)ですが、Amazonプライムデーではブラックが25%OFFの4,980円、ホワイトが20%OFFの5,344円で購入可能です(いずれも税込)。

 

また、その他のSOUNDPEATS製品も多数が最大で27%値引きされるようです。Amazonでの製品一覧は以下のボタンからご覧ください。

AmazonでSOUNDPEATS製品を探す

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiが大好き!スマートフォンやガジェットのブロガーです。皆さんに、Xiaomi製品の最新情報や、お得情報などをお届けします! ↓のTwitterアカウントでも情報を発信しているので、是非フォローしてください。

オススメ記事

-ガジェット
-