Xiaomi最新情報 スマホ

XiaomiがOPPOを煽るので、Reno7 AとRedmi Note 11 Pro 5Gを徹底比較してみた

2022年6月16日、OPPOは日本向けに新型スマホ「OPPO Reno7 A」を発表しました。

ところが、その直後にライバル企業シャオミが、名指しはしていないもののOPPOを煽ったと思われるツイートを投稿しました。

シャオミは同じ価格(税込4万4,800円)の「Redmi Note 11 Pro 5G」の方が優秀と言いたいようです。なので、OPPOもシャオミもたくさん使ってきた筆者が、その性能を比較してどちらが優れているか考えてみようと思います。

やずX
やずXです。Twitterもやっているので、よろしければフォローお願いします!

以下少しの時間ですが、お付き合いください。

IP68防塵防水と取り回し以外はRedmi Note 11 Pro 5Gの方が優秀

結論を最初に言えば、スペック面ではRedmi Note 11 Pro 5Gの方が全体的に優秀。特にバッテリーおよびディスプレイ性能は圧倒的です。

一方、OPPO Reno7 AはIP68の防塵防水規格と、横幅の狭さと軽さによる取り回しの良さで優ります。

 

スペック比較表は以下の通り。優秀またはそう思われる部分を赤字にしています。

OPPO Reno7 ARedmi Note 11 Pro 5G
SoCSnapdragon 695 5G
容量6+128GB, 最大1TBのmicroSD対応
画面6.4インチ, 有機EL6.67インチ, 有機EL
リフレッシュレート90Hz120Hz
タッチサンプリングレート180Hz360Hz
ピーク輝度600nits1200nits
アウトカメラ48 + 8 + 2MP108 + 8 + 2MP
インカメラ16MP
電池4500mAh, 18W充電5000mAh, 67W急速充電
音響モノラル,
3.5mmイヤホンジャック
デュアル,
3.5mmイヤホンジャック
生体認証画面内指紋/顔側面指紋/顔
FeliCa対応
防塵防水IP68IP53
SIMnanoSIM×2, eSIM×1
(メーカー版)
nanoSIM×1, eSIM×1
寸法159.7 x 73.4 x 7.6mm, 175g164.19 x 76.1 x 8.12mm, 202g
価格税込4万4,800円

IP68防塵防水やサイズと軽さに拘る人はOPPO Reno7 A、より優秀なスペックによる便利さを求める人はRedmi Note 11 Pro 5Gがおすすめです。

動作性能は互角。どちらもSnapdragon 695 5G搭載

Redmi Note 11 Pro 5GとOPPO Reno7 Aは同じSoC(CPU)の「Snapdragon 695 5G」を搭載しています。

Redmi Note 11 Pro 5Gのスコア(なぜか11T Proと表記されている)

AnTuTuベンチマークスコアではおよそ39万点前後の性能。日常動作ならサクサク、低画質設定なら3Dゲームも遊べるといったところでしょう。メモリおよびストレージも同じく6GB+128GBで変わりません。

ところでOPPO Reno7 Aは、システム内の不要なゴミを圧縮してサクサク動作が36ヶ月続くシステム劣化防止機能に対応し、長く愛用できることをPRしていました。

しかし、実はシャオミも同様の機能に対応。シャオミが採用する独自OS「MIUI 13」も36ヶ月使用しても読み書き性能の劣化は5%に留まるとしています。

やずX
実際に両方使ってみてどうかですが、当然長期間にわたって使用しなければ結論は出せません。

Redmi Note 11 Pro 5Gがディスプレイは圧倒

最近のシャオミはミドルレンジ機でも優秀なディスプレイを搭載していることが多く、Redmi Note 11 Pro 5Gも例に漏れません。

6.67インチの大型有機ELを搭載しており、120Hzの高リフレッシュレートで滑らかに動作。また、ピーク輝度は1200nitsとフラッグシップ機並に高く、直射日光にも負けません

一方、OPPO Reno7 Aは6.4インチの有機ELを採用していますが、リフレッシュレートは90Hz止まりで、ピーク輝度は600nitsと低め。炎天下の野外での使用が気になるところです。

また、いわゆる下顎(ディスプレイ下部の黒い縁)が非常に大きくなっています。これは安いディスプレイの典型的な特徴です。

実は両方とも高品質有機ELを意味する「AMOLED」を名乗っていますが、はっきり言ってOPPO Reno7 AはAMOLEDの基準を満たすものではないと思います。

やずX
ディスプレイ性能はRedmi Note 11 Pro 5Gが圧勝です!

Redmi Note 11 Pro 5Gの108MPカメラは望遠性能で優る

Redmi Note 11 Pro 5GとOPPO Reno7 Aは、メインカメラ以外はどちらも800万画素の超広角カメラ、200万画素のマクロカメラを備えています。

これは、最近のミドルレンジ機としてはよくある構成。異なるのはメインカメラで、Redmi Note 11 Pro 5Gは1億800万画素、OPPO Reno7 Aは4800万画素となっています。

こればっかりはカメラの調整の問題もあるので、実機で比べてみたいところですが現時点ではっきり言えるのは、Redmi Note 11 Pro 5Gの108MPモードの解像感は圧倒的という点です。

①無拡大

②拡大

108MPモードで撮った写真の情報量はすさまじく、②の写真のように拡大して切り取っても流石の高精細さ。望遠カメラの代替として機能するという点では少なくとも優秀です。

やずX
夜景性能などは実機で試したいところです!

Redmi Note 11 Pro 5Gは電池容量・充電出力でも圧倒

Redmi Note 11 Pro 5Gのバッテリーは、容量5000mAhで67W急速充電対応。さらに充電器が付属します。

充電速度は非常に優秀で、0%から充電してもわずか15分で半分近く充電できます

充電時間バッテリー
15分49%
30分84%
43分100%

また、高出力充電は発熱によるバッテリー劣化が気になるところですが、シャオミの安全技術は優秀で熱くても30℃代後半に留まるように設計されています。

これに対してOPPO Reno7 Aのバッテリーは、容量4500mAhで充電は18W止まり。おそらく0%→100%までの充電は1時間半前後はかかることでしょう。充電器も付属しません。

やずX
容量でも充電出力でもRedmi Note 11 Pro 5Gが圧倒しています!

Redmi Note 11 Pro 5Gは音響も優秀。デュアルスピーカー搭載!

Redmi Note 11 Pro 5GとOPPO Reno7 Aは、ともに3.5mmイヤホンジャックを搭載しています。

一方、OPPO Reno7 Aのスピーカーはモノラルになっているのに対して、Redmi Note 11 Pro 5Gはデュアルスピーカーを搭載

ゲームや動画を楽しむには、やはり迫力のサウンドが楽しめるデュアルスピーカーは嬉しいところです。

OPPO Reno7 Aは横幅が狭く、軽いので取り回しが良い

以上のようにスペック面で劣る部分の多いOPPO Reno7 Aですが、取り回しは確実にRedmi Note 11 Pro 5Gよりも良いでしょう。

OPPO Reno7 Aの横幅は73.4mmと抑えられており、厚みは7.6mmと薄型。重量も175gと軽量です(実際は150g程度のもっと軽いスマホもあるので中量クラス)。

これに対してRedmi Note 11 Pro 5Gの横幅は76.1mmと少々存在感があり、手の小さい人では持ちにくさを感じるサイズ。厚みは8.12mmとそれほど厚くはないものの、重量は202gと重めです。

やずX
少なくとも手にフィットする人が多いのはOPPO Reno7 Aで間違いありません!

OPPO Reno7 Aは、その他の付加価値で上回る。特にIP68防塵防水

Redmi Note 11 Pro 5GとOPPO Reno7 Aは、どちらも付加価値の多いスマホです。

FeliCa(おサイフケータイ)、最大1TBのmicroSD、3.5mmイヤホンジャック、画面内指紋認証、eSIMの対応は共通。日本で求められることの多い付加価値が勢ぞろいで、後から「あれがない、これがない」で悩みませ

しかし、OPPO Reno7 Aは通常のスマホとしては最高クラスのIP68防塵防水に対応。一定時間の水没にも耐えられます

これに対して、Redmi Note 11 Pro 5GはIP53防塵防水。いわゆる生活防水で、多少の雨や水しぶきなら大丈夫といった程度です。

また、細かい点を挙げるとOPPO Reno7 Aは画面内指紋認証に対応。指紋認証の使いやすさは左右どちらの手で持っても変わりません。これに対して、Redmi Note 11 Pro 5Gは電源ボタンが指紋センサーを兼ねる側面指紋認証なので、左手持ちでは使いにくいです。

SIMカードの対応についても、OPPO Reno7 Aが優秀。メーカー版ならnanoSIM×2とeSIM×1に対応していますが、Redmi Note 11 Pro 5GはnanoSIM×1、eSIM×1です。

なお、Redmi Note 11 Pro 5Gは背面にガラスパネルを採用しています。

これに対してOPPO Reno7 Aは樹脂パネル。基本的にはガラスの方が高価で高級感がありますが、今回OPPOはデザインは相当力を入れたとのことなので、実機で見比べてみたいところです。

まとめ:スペックならRedmi、IP68防水と取り回しを取るならOPPO

以上のように、ディスプレイや充電性能、音響等のスペック面ではRedmi Note 11 Pro 5Gが圧倒している部分が目立ちます。

これに対してOPPO Reno7 Aは、一般的なスマホとしては最高レベルのIP68防塵防水があり、より小型で軽量です。

どちらを購入するかで迷っている方は、処理性能面では同じSoC(CPU)を搭載しており大差はないと思われるので、以上の特徴の違いを踏まえて選択するのが良いでしょう。

格安SIMとの同時契約なら、どちらも2万円前後での購入が可能です。

【最安ならほぼ半額!】Redmi Note 11 Pro 5Gがお得に購入できる方法まとめ。IIJmioと楽天モバイルがお得

【最安で実質1.6万円】OPPO Reno7 Aがお得に購入できる方法まとめ!SIM同時契約がお得

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiが大好き!スマートフォンやガジェットのブロガーです。皆さんに、Xiaomi製品の最新情報や、お得情報などをお届けします!

オススメ記事

-Xiaomi最新情報, スマホ
-,

© 2022 プラグマライフ Powered by AFFINGER5