Xiaomi最新情報 スマホ

「Redmi Note 11 4G」中国で発表!Redmi 10のマイナーチェンジ版。スペックまとめ

シャオミが中国で4Gスマートフォン「Redmi Note 11 4G」を発表しました。

グローバルで発表済みの「Redmi 10」のリブランドモデルで、ほぼスペックは共通ですが、カメラから深度センサーが省かれています。

Redmi Note 11 4Gの主な特徴

OSにはシャオミ独自UIのMIUI12.5を搭載。SoCにMediaTekの最新4Gチップセット「Helio G88」を採用したエントリースマートフォンで、実行メモリは4/6GB、ストレージは128GBです。

ディスプレイは、最大90Hzの可変式リフレッシュレートに対応した液晶ディスプレイを搭載。画面サイズは6.55インチで、解像度は2400x1800のフルHD+です。

アウトカメラは3眼構成で、5000万画素のメイン(広角)、800万画素の超広角、200万画素のマクロインカメラはパンチホール式で800万画素です。Redmi 10が搭載していた200万画素の深度センサーはりません。

メインカメラは、Samsung製の最新センサー「Isocell JN1」を搭載。Samsungによれば業界最小のピクセルサイズが特徴で、従来のセンサーよりも10%薄く小型化。また、ピクセルビニング技術により4つのピクセルを組み合わせて1つの大きなピクセル(1.28µm)とすることで、暗所撮影にも対応します。

バッテリーは5000mAhの大容量で、最大18Wの急速充電と9Wのリバース充電に対応。最大22.5Wに対応する充電器が付属します。

端末の寸法は高さ、161.95mm、幅75.53mm、厚み8.92mm、重量181gで、その他デュアルスピーカー、3.5mmイヤホンジャック、側面指紋認証を搭載します。

カラーはRedmi 10と変わらずホワイト、グレー、ブルーの3色展開で、メモリ4GB/ストレージ128GBモデルが999元(約1万8,000円)、メモリ6GB/ストレージ128GBモデルが1099元(約2万円)となっています。

最初にRedmi 10としてグローバルで発表されたこのモデルは、インドではバッテリーを6000mAhに増量した「Redmi 10 Prime」、中国ではカメラから深度センサーを省いた「Redmi Note 11 4G」として発表されました。

日本発売の可能性についても気になるところですが、現状そのような情報はありません。

Redmi 10総評&スペック表

Redmi Note 11 4Gのスペックは以下の通りです。

 Redmi 10
OSMIUI12.5
ストレージ/メモリメモリ:4 / 6GB
ストレージ:128GB
SoCMediaTek Helio G88
ディスプレイ6.55インチ、液晶
リフレッシュレート90Hz
2400 x 1080 (FHD+), 405 ppi
Gorilla Glass 3
リアカメラ5000万画素メイン(ISOCELL JN1)
+800万画素超広角
+200万画素マクロ
インカメラ800万画素
バッテリー5000mAh
18W急速充電
9Wリバース充電
オーディオデュアルスピーカー
3.5mmイヤホンジャック
4GバンドTDD-LTE: B34|B38|B39|B40|B41
FDD-LTE: B1|B3|B5|B7|B8
カラーホワイト、グレー、ブルー
寸法161.95 x 75.53 x 8.92mm, 181g

ソース:Xiaomi

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiが大好き!スマートフォンやガジェットのブロガーです。皆さんに、Xiaomi製品の最新情報や、レビュー、オトク情報などをお届けします!

オススメ記事

-Xiaomi最新情報, スマホ
-

© 2022 プラグマライフ Powered by AFFINGER5