スマホ

【Redmi Note 10 Proおすすめケースレビュー】レザー調、マット、クリア等々

やずX
こんにちは。矢sXです!
今回は、Redmi Note 10 Proのおすすめケースをご紹介します!

Redmi Note 10 ProのケースをAmazonやAliExpressで探すと、ものすごくたくさんの製品がヒットします。

どれが良いのかわからなくて困っている方のために、いくつかケースを購入し試してみました。以下、ご覧ください。

スマートフォンのケースやフィルム類は、そのほとんどがコピー品やノーブランド品です。Spigenや以下で紹介しているCaseology等のメーカーがハッキリしているものもありますが、大半が似たり寄ったりの製品です。


【1万円代で購入可能】Redmi Note 10 Pro特価セール情報まとめ

AUTO FOCUS:レザー調がかっこいいTPUケース

ポイント

✅レザー調の樹脂素材でかっこいい

✅しっかりした作りで頑丈

✅カメラユニットは無防備

✅重量38g

それなりに使っている人を見るのがAUTO FOCUS(通称)のケースです。元のメーカーはよく分かりませんが、ケース上部に「AUTO FOCUS」と書かれているので、そう呼ばれます。

樹脂素材ですが、マットなレザー調がかっこよく、ビジネスシーンにも合いそう。渋い大人のケースです。

重量は38gと少々重め。

カメラユニットよりもケースが高くなるように設計されていないため、出っ張りはむき出し。ここが不安な人は購入しない方が良いと思います。

レザー調に加工された樹脂素材ですが、質感は非常に良くかっこいいです。グリップ感も悪くありません。

※AliExpressではインド仕様のRedmi Note 10 Pro Maxという表記になっている場合あり。Pro Max=日本で言うRedmi Note 10 Proです。

ノーブランド:背面が半透明のハイブリッドケース

ポイント

✅背面が硬い半透明の樹脂

✅側面部分はがっちりしたラバー調の樹脂

✅カメラユニットの保護はあってないようなもの

✅重量31g

元のブランドがハッキリしないのがこちらのケース。背面は硬い半透明なプラスチックで、側面がラバー調になったハイブリッドケースです。

非常にがっちりしていて、余程強い衝撃がないと簡単に外れたりしなさそうです。耐衝撃性を気にする人には良いと思います。

製品説明には0.5mmのカメラ保護の記載がありました。確かに若干出っ張ってはいるものの、カメラ部分はさらに出っ張っているので、中途半端

せっかく衝撃に強そうなケースなので、どうしてこうなった...という気持ちでいっぱいです。

四隅は衝撃を和らげる形状に加工されていました。またストラップ穴もあるのは嬉しいですね。

※AliExpressではインド仕様のRedmi Note 10 Pro Maxという表記になっている場合あり。Pro Max=日本で言うRedmi Note 10 Proです。

ZROTEVE:ザラザラした質感の軽くて硬いマットケース

ポイント

✅ザラザラしたマットな質感のハードケース

✅薄いので幅が広がらず持ちやすい

✅カメラ部分を完全保護

✅重量21g

ZROTEVEはあまり聞いたことがありませんが、一応Official Storeを称するページがAliExpress内にあります。

材質ははっきりしないのですが、炭素のような感じで、堅い・薄い・軽いの三拍子そろったケースです。

表面がザラザラしたマットな質感なので、滑りづらくしっかり握れるのもポイントです。

カメラ部分は、レンズやライト部分を除いて完全に覆うタイプになっています。しっかり防御されていると、万が一落下しても安心です。

一方、電源ボタン部分はディスプレイ側がくりぬかれているので、こちら側は少し心配。

堅めのケースですが、底面部分の二隅に裂け目が作ってあるので、外すことは意外と楽です。なお、ストラップ穴もありました。

※AliExpressではインド仕様のRedmi Note 10 Pro Maxという表記になっている場合あり。Pro Max=日本で言うRedmi Note 10 Proです。

ノーブランド:ツヤツヤしたTPUクリアケース

ポイント

✅透明感が非常に高いつやつやしたTPUケース

✅薄いので幅が広がらず持ちやすい

✅カメラ部分を完全保護

✅重量20g

とにかく一目で見てツヤツヤ感が分かるTPUクリアケースです。本体付属のクリアケースはマットな感じなので、こっちの方が好みな人もいると思います。

グリップ感も悪くなく、重量も20gと軽いので、手の負担も少なそうです。

なお、本体付属ケースには好みの分かれる充電ポートのフタがありましたが、こちらにはありません。

カメラユニットはレンズ、ライト部分を除いて完全に保護されているタイプ。本体付属のクリアケースはここまで保護されていないので、より安心感があります。

側面には、ストラップ穴がありました。

Redmi Note 10 Proクリアケース
created by Rinker

※AliExpressではインド仕様のRedmi Note 10 Pro Maxという表記になっている場合あり。Pro Max=日本で言うRedmi Note 10 Proです。

Caseology:背面がかっこいいブランドケース

ポイント

✅立体ジオメトリック・デザインがかっこいい

✅かなりしっかりした作りで安っぽさがない

✅カメラユニットは半保護

✅重量41g

Caseologyは2016年にオーストラリア国際デザイン賞「Good Design Award」を受賞したメーカーで、この中では唯一日本語のウェブサイトもあります。

重量は41gとこの中では重めなものの、非常にしっかりした作りで頑丈そうなところが気に入りました。流石は正規メーカー品です。

カメラの保護については、完全に覆う形ではないですが、カメラよりもケースが高く設計された半保護タイプ

カメラユニットのデザインを楽しみたい方は、完全に覆うよりもこっちの方が良いですよね。

重さはそこそこあるものの、丸みを帯びた側面は、グリップ感が良く持っていても疲れにくくなっています。


【1万円代で購入可能】Redmi Note 10 Pro特価セール情報まとめ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiが大好き!スマートフォンやガジェットのブロガーです。皆さんに、Xiaomi製品の最新情報や、レビュー、オトク情報などをお届けします!

オススメ記事

-スマホ
-

© 2021 プラグマライフ Powered by AFFINGER5