ガジェット

Redmi Buds 4 Pro レビュー!コスパTWSの新王者。1万円以下なら音質も機能も最強クラス

LDACコーデックやANC/外音取り込みに対応した完全ワイヤレスイヤホン「Redmi Buds 4 Pro」を購入したのでレビューをお届けします。

やずX
やずXです。Twitterでも情報発信しているので、よろしければフォローお願いします!

Redmi Buds 4 Proの特徴

Redmi Buds 4 Proの主な特徴は以下の通りです。

ポイント

最大-43dbのANC & 外部音取り込み対応

10mm+6mmデュアルダイナミックドライバー搭載

LDACコーデック & 空間オーディオ対応

ANC & 外音取り込み対応

Bluetooth 5.3で優れた接続性

アプリ対応。操作カスタマイズやイコライザーあり

デュアルデバイス接続対応

最大36時間使用可。急速充電対応

IP54防塵防水

グローバル版に技適あり

AliExpressの実売価格で50~60ドル台(7,000~8,000円前後)の製品ながら、ワイヤレス充電以外はほぼ全部入りの高コスパTWSイヤホンとなっています。

やずX
デュアルドライバー&LDAC対応で、音質面も妥協なし!

Redmi Buds 4 ProをAliExpressで探す

※中国版はLDAC非対応。技適もないので注意

Redmi Buds 4 Proの内容物をレビュー

内容物

それではさっそくRedmi Buds 4 Proを開封していきます。パッケージは本体イメージが描かれている他、H-Res認証マークやシャオミのロゴ等があります。

中身は以下の通りです。

本体+充電ケース

イヤーピース(S/M/L)

充電ケーブル

解説書+保証書

イヤーピースはMサイズが本体に装着済みです。

筆者が購入したものはグローバル版ですが、複数の認証の中に日本での使用に必要な「技適」「PSE」マークが確認できます。また、「プラ」「」マークもあります。

つまり日本で発売しようと思えばいつでも出来るという状態であり、勿論グローバル版をそのまま日本で使っても問題ありません。

また、解説書および保証書も日本語対応です。

やずX
ここまでやっているなら、日本版発売の可能性が高いですね!

本体

充電ケースはマットでサラサラした質感で、全体が丸みを帯びた形状です。

ケース背面には、ファンクションボタンとType-C充電ポートがあります。

ケースの上蓋を開けるとイヤホン本体が登場。絶縁シートが貼られているので、剥がして使用します。

イヤホン本体は一般的なスティック型。特別小ぶりという訳ではありませんが、決して大きくもない丁度良いサイズといったところでしょうか。重さも実測で片側約5gと軽量です。

ケースもしっかり手で握れるサイズ。ケースとイヤホンを合わせた重さは、実測で約47gです。

イヤホンやケースの外装はほとんど樹脂製ですが、スティック部分には金属製(?)のような装飾があり、デザインのアクセントになっています。

密閉性の高いカナル型なので、イヤーピースを使用します。イヤーピースはS・M・Lと付属しているので、自分の耳にあった物を選びましょう。

上部にフィードフォワードマイク

3つのマイク(フィードフォワードマイク、フィードバックマイク、トークマイク)を備えており、高いノイズキャンセリング性能や通話性能が期待できます。

また、防塵防水性能はIP54なので、多少の雨や水しぶき、汗程度ならばしっかり防いでくれることでしょう。もちろん塵やホコリにも強いです。

Redmi Buds 4 Proの実際の使用感をレビュー

音質 / 通話品質について

Redmi Buds 4 Proは、10mmアルミドライバーと、6mmチタンドライバーで構成されるデュアル・ダイナミックドライバーを備えており、LDACコーデックにも対応しています。

やずX
LDAC接続で24bit/96kHz再生が可能なXperia 5 IVで実際に聴いてみました!

音質は10,000円以下の製品ではトップレベルで、ウォーム寄りでバランスの良いチューニング。しっかりした低音に支えられた中・高音域はどちらもクリアで奥行きを感じます。ボーカルもかなり近く聴こえ、音場も狭くありません。

やずX
ジャンル問わず合います!

ただし、LDACコーデックで接続する場合、地下鉄や人の多い箇所では不安定になることが多々ありました。LDAC接続のイヤホンはこうした問題が発生しがちなので、AACに切り替えましょう。

また、4種類のイコライザー機能と空間オーディオ(イマーシブサウンド)機能にも対応していますが、残念ながら空間オーディオはLDAC接続と併用できません。

空間オーディオを使う場合、LDAC接続時の繊細さは若干失われるように感じますが、立体的なサラウンド効果自体はかなり高く、これはこれで全然アリだと思いました。

正直なところ「Xiaomi Buds 3T Pro」の空間オーディオは籠った音で全く使う気が起きなかったのですが、Redmi Buds 4 Proの空間オーディオは十分実用的です。

上部にあるフィードフォワードマイク

通話も試してみましたが、3つのマイクを備えていることもあり、ノイズが少なくクリアな通話が可能でした。

なお、本機はデュアルデバイス接続に対応しており、二つの機器に同時に接続が可能。音楽や動画を再生する機器に自動で接続が切り替わるので便利です。

ANC / 外音取り込みについて

Redmi Buds 4 Proは、最大43dbをカットできるANC(アクティブ・ノイズキャンセリング)と外部音取り込みに対応しています。

前者については3種類の強度があり、シーンに応じてAIが強度を自動調節するモードもあります。密閉感の高いカナル型ということもあり、最も強い強度のANCを併用するとかなり周囲の音がカットされます。

AirPods Pro第2世代と比べると高音域のカットでは劣るものの、全体的にはしっかり効果があり非常に実用的なANCだと思います。

また、外部音取り込みについては、AirPods Pro第2世代ほどの自然さはありませんが、周囲の音がはっきりと聴こえるようになります。また、通常モードと音声増幅モードがあり、後者は人の声がかなり聴こえやすくなります

やずX
まとめると、どちらも10,000円以下とは思えない性能です!

Redmi Buds 4 ProをAliExpressで探す

※中国版はLDAC非対応。技適もないので注意

操作感・装着感について

2 or 3タップおよび長押しでのタッチ操作が可能で、レスポンスは良好。再生/停止、曲戻し/曲送り、モード切替などが行えます(詳細はアプリの項目で後述)。

また、着脱検知センサーを備えているので、イヤホンを耳から外すと一時停止、再び着けると再生されます。レスポンスはかなり速く非常に快適に使えました。

カナル型ゆえの密閉感はあるものの、装着感は良好。サイズもそれほど大きくないので、妙に飛び出して目立つということもありません。

アプリ「Xiaomi EarBuds」について

Redmi Buds 4 Proは専用アプリ「Xiaomi EarBuds」に対応していますが、現状Android用のみでiPhone用には配信されていません。

Xiaomi EarBuds(Google Play)

やずX
なので、iPhoneではデフォルト設定以上のことはできません......。

操作方法については、左右のイヤホンにそれぞれ以下の操作方法が割り当てられます。

2タップ 再生/一時停止
前の曲
次の曲
3タップ 前の曲
次の曲
音量アップ
音量ダウン
長押し モード切替 (ANC, 外部音取込, オフ)
音声アシスタント
やずX
音量上下も選べるのは嬉しい!

その他、装着検出のON/OFF、イヤーピースのフィット感テスト、デュアル接続のON/OFF、着信の自動応答のON/OFF、通知シェードに表示のON/OFFが行えます。

通知シェードに表示すると、ここで簡易的な操作が行えるようになるので便利です。

Redmi Buds 4 Proのスペック

Redmi Buds 4 Proのスペックは以下の通りです。

Redmi Buds 4 Pro
ドライバー デュアルダイナミック型
(10mm + 6mm)
コーデック等 SBC / AAC / LDAC,
空間オーディオ対応
Bluetooth 5.3
ANC 最大43db
外音取り込み 対応
タッチ操作 対応
着脱検知 対応
デュアル接続 対応
アプリ 対応
電池 ANCオフ時
イヤホン本体:9時間
充電ケース込み:36時間
充電 Type-C, 急速充電対応
5分充電で最大2時間再生可能
防塵防水 IP54
重量 イヤホン (片側):約5g
ケース込み:約47g
本体色 ミッドナイトブラック,
ムーンホワイト
実売価格 50~60ドル台(7,000~8,000円前後)

ソース:Xiaomi

Redmi Buds 4 Pro レビューまとめ:10,000円以下とは思えない高性能TWSイヤホン

Redmi Buds 4 Proのレビューをお届けしました。

10,000円以下の製品としてはトップクラスのTWSイヤホンです。良いところ良くないところを以下にまとめました。

良いところ

ウォーム寄りのバランスに優れた音質

実用的な空間オーディオ機能

ノイズが少なくクリアな通話

シームレスなデュアル接続

しっかり効果のあるANC/外部音取り込み

良好なタッチ/着脱検知のレスポンス。付け心地も〇

基本はしっかり押さえたアプリ

良くないところ

LDACは人の多いところや地下鉄で不安定

空間オーディオ機能はLDACと併用不可

アプリはiPhone非対応

ワイヤレス充電非対応

アプリのイコライザーは4種類から選ぶだけ

いくつかの欠点が気になったものの、価格を考えれば贅沢過ぎるというもの。LDAC対応の優れた音質や、実用的なANC/外部音取り込みに対応しており、10,000円を超える価格でも競争力のある製品だと思いました。

Redmi Buds 4 ProをAliExpressで探す

※中国版はLDAC非対応。技適もないので注意

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

年間20台以上スマホを購入するスマホの専門家です。特に好きなXiaomiの最新情報や、その他のスマホのお得情報等もお届けします! ↓Twitterでも情報を発信しているので、是非フォローしてください。

オススメ記事

-ガジェット
-,