スマホ

Infinix Zero 8レビュー│完全オタク向け。だけど性能は〇

矢sX
こんにちは。矢sXです!
今回はInfinix Zero 8という超マイナーなスマホをご紹介します!

少し調べたところInfinixは香港拠点の企業で、設計をフランスで行っているメーカー。主にアフリカなど新興国で人気があるようで、日本では全く知られていないメーカーです。

今回はそのInfinixから発売されているミッドハイレンジ・スマートフォンInfinix Zero 8のレビューをお届けします。

なお、今回レビューするにあたって仲良くさせていただいているはなもげらさん(Twitterアカウント)に端末をお借りしました。ありがとうございます!

技適未取得機器を用いた実験等の特例制度について

この記事で紹介している「Infinix Zero 8」は日本国内で発売されていない技適未取得機器に該当します。筆者は技適未取得機器を用いた実験等の特例制度に基づき総務省に申請を行ったうえで使用・検証を行っています。

Infinix Zero 8のスペック

  Infinix Zero 8
OS Android 10, X OS 7
CPU  MediaTek Helio G90T
メモリ 8GB
ストレージ 128GB
リアカメラ 広角メイン:64 MP
超広角: 8MP
深度:2MP
ナイトビデオ:2MP
インカメラ 広角:48MP
超広角:8MP
ディスプレイ 6.85インチ, IPS
1080 x 2460 (FHD+)
アスペクト比:20.5:9
リフレッシュレート:90Hz
タッチサンプリングレート:180Hz
バッテリー 4500mAh
33W急速充電
サイズ 168.74 x 76.08 x 9.07 mm
重量 212g (フィルム込)
オーディオ モノラルスピーカー
3.5mmイヤホンジャック
生体認証 側面指紋認証, 顔認証
4Gバンド FDD LTE:1 / 3 / 5 / 8
TD-LTE:38 / 40 / 41
その他 USB Type-C
トリプルスロット (Nano SIM×2+MicroSD)
冷却機構搭載
日本語非対応
GMS対応

スペックは一言で言うとミッドハイレンジです。カメラはメイン64MPを中心とした多眼構成で、高リフレッシュレート、33W急速充電に対応と近年のトレンドは大体抑えている感じですね。UIも独自のものになっています。

気になるところは、全く日本では展開していないメーカーで、GMSには対応しているものの、日本語がありません。何やらアフリカでそこそこ人気があるそうです。

Infinix Zero 8のセット内容

化粧箱はド派手なギラギラデザインで、かなり厚みがあります。

・本体(フィルム貼付済み)

・TPUケース

・充電器&ケーブル

・SIMピン

・ステッカー、説明書など

セット内容は必要なものが大体全部入っていますね。特徴的なのは、やはりギラギラのステッカーでしょうか。なお、充電器はEU仕様のため、日本ではそのまま使うことが出来ません。

Infinix Zero 8の外観

Infinix Zero 8の背面は樹脂素材のようですが、かなりツヤツヤしており、独特のカラーリングも相まってかっこいいデザインです。

横幅は約76mmと大きめですが、ラウンド形状なので意外としっかり握ることができます。

カメラユニットのアップ。独特の菱形デザインで、4つのカメラとLEDライトが十字に配置されています。

デザインが独特で希少性もありますし、オタクなら間違いなくシビれますよね。

公式のスペック表に重量がなかったので計測したところ、フィルム込みで212gありました。なお、付属のケースを含めると233gです。

Infinix Zero 8のAntutuベンチマークスコア

Infinix Zero 8のAntutuベンチマークスコアは29万点。MediaTek Helioシリーズと言えば、低スペックSoCとして知られていますが、G90Tはその中では最上級のもの。

これだけあれば重い3Dゲーム以外は問題なく動作します。Twitterもしっかり90Hzで滑らかに動作していました。

矢sX
ゲームにそれほど拘りがなく、日常使いだけサクサク動けばよいという方であれば十分ですね。

Infinix Zero 8のカメラ性能を検証

メインカメラにはSONY IMX686採用の64MPカメラが採用されています。Redmi K30やMi Note 10 Lite等、Xiaomi製のミッドハイレンジ端末に搭載されていることが多いイメージセンサーです。

また、ナイトビデオカメラを搭載しているのが珍しいですね。インカメラも、48MPの広角に加えて超広角もあり、2眼構成となっています。

オート撮影

AIとHDRを入れてオートで撮影しています。若干色は薄めですが、ボケがしっかり出ていますね。

ズーム・超広角

 

1倍から5倍まで拡大した写真と、超広角カメラでの撮影をスライドショーでどうぞ。デジタルズームなので、拡大していけばいくほど粗い感じで、超広角もあまり解像感はありません。

夜景撮影

左:通常モード 右:夜景モード

強い閃光を抑える一方、全体的に明るくなっています。かなりしっかりした夜景モードという感じで、2万円台のスマホでこれはすごいと思います。

Infinix Zero 8のバッテリー持ちを検証

  Infinix Zero 8 Realme 7 5G
(120Hz)
Redmi Note 9s iPhone SE
搭載SoC Helio G90T
(ミッドハイ)
Dimensity 800U
(ミッドハイ)
Snapdragon 720G
(ミッドハイ)
A13 Bionic
(ハイ)
検証1時間後 93% 92% 96% 91%
検証2時間後 85% 84% 91% 78%

電池持ちを検証。機内モードにしたうえでWi-Fiに接続し、Amazon Prime Videoで動画を再生しています。結果は、良くも悪くもなくまあまあです。日常使いには困らないでしょうね。

矢sX
33Wの急速充電に対応しているので、充電も早めに終わります。

Infinix Zero 8の対応バンド

4G LTE

・FDD LTE:1 / 3 / 5 / 8
・TD-LTE:38 / 40 / 41

※4Gバンドのみ記載

Infinix Zero 8は5Gバンドには対応しておらず、4Gバンドも非常に狭いです。日本ならソフトバンク回線しか適合しません。

Infinix Zero 8は日本語には非対応

設定画面です。ご覧の通り英語オンリー。初期設定で色んな言語が選べましたが、その中に日本語はありませんでした。

各種アプリも英語になってしまいますが、幸いにもGBoardのおかげで日本語入力自体は可能です。

Infinix Zero 8を買うメリット・デメリット

メリット

ポイント

2万円台で安い
Antutu29万点でサクサク動作
✅カメラ機能が充実。夜景も悪くない
✅33W急速充電、リフレッシュレート90Hz
オタクにはたまらない独特のデザイン

価格はAliExpressでおよそ2.3万円前後で安価な端末ですが、Antutu29万点でカメラ機能も充実。33W急速充電、リフレッシュレート90Hzも備え、付加価値盛り盛りです。珍しいメーカー、珍しいデザインでオタクなら欲しくなっちゃいますよね。

デメリット

ポイント

日本語に対応していない
✅でかい&重い
✅モノラルスピーカー

一方デメリットはこちら。「でかい&重い」「モノラルスピーカー」なのはともかく、「日本語未対応」はどうしてもネックになります。

英語(またはその他の多国語)が分からなければ、More Locale2を入れてアプリを日本語化しましょう。

Infinix Zero 8レビューまとめ:日本語はないが性能は悪くない。

Infinix Zero 8レビューをお届けしました。

マイナーなメーカーの格安端末ですが、中々隙の無い仕様でデザインも独特とオタク心をくすぐる製品です。日本でメインスマホとして使うには色々難がありますが、コレクションとしては一台持っておきたい(?)スマホですね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

矢sX

Xiaomiが大好き!スマートフォンやガジェットのブロガーです。皆さんに、Xiaomi製品の最新情報や、レビュー、オトク情報などをお届けします!

-スマホ

© 2021 プラグマライフ Powered by AFFINGER5