ガジェット

eMeet HS150 レビュー!テレワーク向け・ANC対応の無線ヘッドセット

eMeet HS150」ワイヤレスヘッドセットをご提供いただいたのでレビューしていきます。

やずX
やずXです。Twitterもやっているので、よろしければフォローお願いします!

 

eMeet HS150 特徴

eMeet HS150の主な特徴は以下の通りです。

・Bluetooth接続のワイヤレスヘッドセット

・Bluetooth非対応でもドングル or 有線で接続可

・ANC(アクティブノイズキャンセリング)対応

・マイクの上げ下げで素早くミュートも可能

eMeet HS150 開封

それでは開封していきます。

本体イメージとドングルが描かれたパッケージです。

開封すると、本体とドングル、その他、有線接続用ケーブル(A to C)、持ち運び用ポーチ、解説書、保証書が入っていました。

解説書はマルチ言語対応で日本語もちゃんとありました。

ポーチは本体がすっぽり入ります。

ポーチ内部には小袋もあり、ドングルを入れることができます。

eMeet HS150 本体と機能をチェック

それでは実際にeMeet HS150を使っていきましょう。Bluetooth 5.0・ドングル・有線での接続が可能で、Bluetoothの場合は最大2機同時接続が可能とのことです。

eMeet HS150は存在感のあるイヤーパッドが印象的なデザインです。

大きなイヤーパッドは柔らかく装着感は良好。マイクの上げ下げでオン/オフが可能なので、席を離れたりするときに便利です。

伸縮式なので、自分の頭のサイズにピッタリ合わせることができます。

ヘッドセット側面をタッチして、ANCモードから外音取り込みモードへの変更等が行えます。

スイッチ周りには、USB Type-Cポートがあり充電と有線による接続が行えます。また、Blurtoothのオン/オフスイッチがあります。

マイクの上げ下げでオン/オフが可能ですが、裏側にはミュートスイッチもありました。

実際に使用してみるとテレワークなどの通話用には十分な性能で、相手の声がはっきり聞こえました。また、こちらの声も相手にちゃんと届きます。

一方音質はそれほど良いというわけではないですが、フラット寄りで聞きなじみは悪くありません。遅延も少ないように思います。

ANC/外音取り込みも良好な性能で、テレワークで使う分には十分な性能でした。また、最大48時間の通話が可能で、1.5時間の充電でも最大6時間使用可能とのことです。

Amazonで1万4,999円で販売(2022年6月16日時点)されており、以下の通り割引価格で購入可能。プライム会員なら17日以内に購入するのがお得です。

6/17までの割引

割引:4000円クーポン+2000円prime限定割引

セール価格:8999円

有効期限: 2022/06/14 14:00 - 2022/06/17 23:59 まで

6/18 - 6/20の割引

割引:20%OFF+2000円クーポン

セール価格:9999円

有効期限: 2022/06/18 9:00- 2022/06/20 23:59 JSTまで

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiが大好き!スマートフォンやガジェットのブロガーです。皆さんに、Xiaomi製品の最新情報や、お得情報などをお届けします! ↓のTwitterアカウントでも情報を発信しているので、是非フォローしてください。

オススメ記事

-ガジェット