クーポン・セール情報

OPPO Reno5 Aがキャリアフリー版・ワイモバイル版ともに人気持続!最新Android実売ランキングTOP10公開

最新の「BCN」Androidスマートフォンの実売台数ランキングによれば、OPPOの全部入り5Gスマートフォン「Reno5 A」の人気が上昇しているようです。

一方、販路が限定されていないキャリアフリー版も引き続き人気です。

この記事では、最新のBCNランキングの順位と実売台数でTOP10に入ったOPPO Reno5 Aの主な特徴、お得に購入できる方法をまとめています。

OPPO Reno5 Aが4位と7位に

「BCNランキング」2022年5月16日から22日の日次集計データによると、Androidスマートフォンの実売台数ランキングは以下の通りです。

1位 arrows We F-51B(FCNT)
2位 Pixel 5a (5G)(Softbank)(Google)
3位 AQUOS wish A104SH(シャープ)
4位 Reno5 A(OPPO)
5位 arrows We FCG01(FCNT)
6位 Galaxy A22 5G SC-56B(SAMSUNG)
7位 Reno5 A(eSIM対応版)(Y!mobile)(OPPO)
8位 A54 5G(UQ mobile)(OPPO)
9位 かんたんスマホ2 A001KC(京セラ)
10位 Redmi Note 10 JE XIG02(Xiaomi)

※BCNランキング:全国の主要家電量販店やECショップから実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベース

OPPO Reno5 AはAndroidスマホランキングTOP10の常連で、iPhoneを含めたランキングでもたびたびTOP10にランクインする人気端末です。

 

今回、キャリアフリー版が4位、ワイモバイル版が7位にそれぞれランクインしており、相変わらず安定した人気を見せています。

また、今回ランクインしているワイモバイル版はeSIM対応版となっています。以前ワイモバイルで販売されていたモデルはeSIM非対応だったので、実質上位互換となります。

既にオンラインショップでは旧モデルの販売がなくなり、実店舗でもeSIM対応版に切り替わっているものと思われます。これにより、eSIM対応版がランクインするようになったのでしょう。

OPPO Reno5 A 実機レビュー!人気の全部入り5Gスマホ。6400万画素カメラ搭載で動作もサクサク

現在ワイモバイルではOPPO Reno5 AがSIMカードとの同時契約で実質7,080円(特価1万80円+PayPay3000円相当)で購入が可能。オンラインストアなら事務手数料・送料も無料です。詳細はコチラをご覧ください。

OPPO Reno5 Aは、キャリアフリー版・ワイモバイル版ともに今後も高い人気を維持しそうです。OPPO Reno5 Aの主な特徴と、お得に購入する方法は以下をご覧ください。

OPPO Reno5 Aの特徴と価格

OPPO Reno5 Aの特徴:カメラ重視でしかも全部入り5Gスマホ

OPPO Reno5 Aは、おサイフケータイや防塵防水対応の全部入り5Gスマートフォン。おまけに綺麗に撮れる6400万画素カメラも搭載しています。

端末の特徴は以下の通りです。

ポイント

サクサク動作の「Snapdragon 765G」SoC

おサイフ、防塵防水、顔・指紋認証の全部入り

最高6400万画素の4眼カメラ

90Hzなめらか駆動のディスプレイ

薄型 & 重くないので持ちやすい

▷OPPO Reno5 A詳細レビューはコチラ

なお、各販売モデルのSIM・microSD対応は以下の表をご覧ください。

SIMmicroSD
キャリアフリー版nanoSIM × 2
eSIM × 1
対応
(nanoSIM2と排他利用)
ワイモバイル版(旧)nanoSIM × 1対応
ワイモバイル版(新)nanoSIM × 1
eSIM × 1
対応

OPPO Reno5 Aを特価で購入する方法は以下をご覧ください。

OPPO Reno5 AはSIMカードとの契約で最安なら実質7,080円に!!

現在、SIMカードとの同時契約で「OPPO Reno5 A」をお得に購入できるのはOCNモバイルONE、IIJmio、ワイモバイルで、各社の販売額は以下の通りです。

※価格・規約等が改訂される可能性があるので、契約時に最終的な金額を確認してください。

購入先価格(税込)
OCNモバイルONE通常 2万5,960円
1万1,000円引きクーポン使用で
合計1万4,960円(24回払い可能)
IIJmio通常 3万5,800円
MNP特価 9,600円
(24回払い可能)
ワイモバイル
(新規)
通常 3万1,680円
シンプルS加入 1万8,400円
シンプルM/L加入 1万4,800円
+PayPay3000円相当
▷最安で実質1万1,800円相当
※機種変:1万8,000円
ワイモバイル
(MNP)
通常 3万1,680円
シンプルS加入 1万3,680円
シンプルM/L加入 1万80円
+PayPay3000円相当
▷最安で実質7,080円相当
市場想定売価4万3,800円

※MNP:電話番号をそのままに回線契約を他社から乗り換えること

まとめると、オンラインストアなら手数料無料で、MNP+シンプルM/Lプラン加入で一括1万80円ワイモバイルが最もお得(ソフトバンク・LINEMO・ソフトバンク回線MVNOからの乗り換えは特価対象外)です。

さらにワイモバイルを申し込む前に新どこでももらえる特典にエントリーしておけば、PayPay最大3000円相当がもらえます(機種変は対象外)。そのため、ワイモバイルでは最安なら実質7,080円相当で購入することが可能という訳です。

なお、新規+シンプルM/L加入は1万4,800円、機種変は1万8,000円です。

これに対して、SIMカードの維持費を抑えたい場合はOCNモバイルONEやIIJmioがお得。

IIJmioはMNP特価で9,600円。また、5月31日までのキャンペーンで通話定額410円割引×13ヶ月、1GB増量!×12ヵ月の特典があります。

OCNモバイルONEはクーポン使用で1万1,100円(税込)引き。OCNモバイルONEのページを開くと右下にチャットを開始するボタンが表示されるので、そのチャットで「クーポンが欲しい」と伝えると、クーポンコードが貰えます。

また、OCNはSIMカードの維持費が最安級で、0.5GB/月で10分相当の無料通話(月合計)もついて550円/月(税込)。端末セットとの購入時は1GB/月プラン(税込770円)以上しか選べませんが、契約後0.5GBプランへの変更が可能です。

0.5GB/月で10分相当の無料通話(月合計)もついて550円/月(税込)。端末セットとの購入時は1GB/月プラン(税込770円)以上しか選べませんが、契約後0.5GBプランへの変更が可能です。

なお、短期解約は絶対にやめてください(例:転売目的で購入し、契約した当月に解約する等)。

格安SIM各社の特徴と料金

OCNモバイルONEの特徴:ドコモ回線が550円から使用可能

ポイント

NTTの系列企業で安心のドコモ回線

格安SIMの中では回線速度が比較的速い

料金が月550円~(税込)とかなり安い!

ミュージック通信容量カウントフリー

5G、電話かけ放題、安心補償アプションあり

OCNモバイルONEはドコモのエコノミーMVNOに位置づけられる格安SIMで、日本全国ほぼどこでもつながるドコモ回線通信速度も優秀で、MM総研「2020年10月MVNOネットワーク品質調査」の通信速度の調査結果では2期連続の一位となっています。

最安550円/月(税込)からと業界でも屈指の安さで、安定して速いことも考えればトップクラスに優秀なコスパSIMです。またOCN利用料の支払いでdポイントが貯まり、貯めたdポイントを料金の支払いに充当できます。

さらに「OCNマイページ」より申し込むことで、5Gオプションも無料で利用できるようになりました。

OCNモバイルONE

IIJmioの特徴:5Gが追加料金なしで使える!

IIJmioを提供する「インターネットイニシアティブ」は、MM総研の国内MVNO市場調査(リンク)によれば、2021年3月末時点でシェア第一位

※MVNO:ドコモ、au、ソフトバンク等のMNOから回線を借りて提供する事業者のこと

その武器は圧倒的なコスパです。例えば、2GBプランが850円(税込)、8GBプランでも1,500円(税込)とかなり安く、毎月の固定費用を抑えることができます。

主な特徴は以下の通りです。赤字が現在のキャンペーンの特典(5月31日まで)です。

ポイント

通話定額410円割引×13ヶ月

✅1GB増量!x12ヵ月

5Gオプションが追加料金なしで使える

プランは税込850円/月(2GB)~と格安

通話定額オプションあり(5分 or 10分 or 無制限の3種類)

余ったデータ量は翌月繰り越し可能

機能やデータ量が違っても家族でデータシェア可能

ドコモ、au回線を選べる。eSIMも対応
※eSIMはドコモ回線のみ

ワイモバイルやUQモバイルは、家族で契約していても1回線目は家族割が適用されなかったりしますが、IIJmioは1回線目もそれ以降も全部安くシンプルな料金体系。更に5Gも無料で利用でき、MNP転出料・契約解除料もなしとなっています。

\税込850円/月より!/

IIJmio

ワイモバイルの特徴:店舗でのサポートあり!家族割で2回線目以降は安い

ポイント

2回線目以降、3GB/月:990円

新規契約・MNP契約に加え機種変更も割引対象

オンラインストアは事務手数料&配送料無料

ソフトバンクのサブブランドなので回線は安定して速い

店舗でのサポートあり  

※ソフトバンク・LINEMOからのMNPについては割引対象外なので注意

ワイモバイルは申し込む前に新どこでももらえる特典にエントリーしておけば、PayPay最大3000円相当がもらえます(機種変は対象外)。

※これまでワイモバイル版はeSIM非対応でしたが、nanoSIMとeSIM両方に対応したモデルが発売されました。当ブログからのリンクは両方に対応したモデルとなっています。

やずX
ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドなので、安定して速い回線。また各地の店舗でのサポートもしっかり有るので安心です。そこで非常に安く買えるのならとってもお得ですね。

ワイモバイル詳しくはコチラ

各社初期費用&SIMカード最低月額

各社の初期費用と、SIMカード最低月額は以下の通りです。

初期費用(税込)SIMカード月額(税込)
OCNモバイルONE初期手数料
3,300円
SIMカード発行料
433.4円
0.5GB/月:550円

※契約時は1GB/月:770円から。
契約後に0.5GBプランに変更可

IIJmio初期手数料
3,300円
SIMカード発行料
D回線:433.4円
or A回線:446.6円
2GB/月:850円
(12か月1GB増量中!)
ワイモバイル初期手数料
オンラインストアは無料
1回線目
3GB/月:2,178円
2回線目以降
3GB/月:990円

ソース:BCN+(情報元)Yahoo! News(経由)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiが大好き!スマートフォンやガジェットのブロガーです。皆さんに、Xiaomi製品の最新情報や、お得情報などをお届けします!

オススメ記事

-クーポン・セール情報
-

© 2022 プラグマライフ Powered by AFFINGER5