クーポン・セール情報 スマホ

【最安32800円】AQUOS sense7をお得に購入する方法まとめ。IIJmioがお得!

この記事では、カメラ性能と長寿命バッテリーが魅力のミドルレンジスマホ「AQUOS sense7」をお得に購入する方法をまとめています。

やずX
やずXです。Twitterでも情報発信しているので、よろしければフォローお願いします!

AQUOS sense7は格安SIMや楽天モバイルとの同時契約がお得!!

AQUOS sense7のSIMフリー版は、Amazonや楽天市場などで2022年11月25日より発売予定ですが、SIMカードとの同時契約ならもっとお得に購入することができます。詳細は以下をご覧ください。

※楽天モバイル等キャリアでは既に発売済み。

各社のAQUOS sense7の価格

SIMカードとの同時契約で「AQUOS sense7」をお得に購入できるのは、格安SIM大手の「IIJmio」や、楽天モバイル、ドコモのエコノミーMVNO「OCNモバイルONE」等。各社の販売額は以下の通りです。

※価格・規約等が改訂される可能性があるので、契約時に最終的な金額を確認してください。

購入先 価格(税込)
IIJmio
通常:4万9,800円
MNP:3万2,800円
(24回分割可能)
楽天モバイル 通常 4万9,980円
最大8,000円相当のポイント還元
実質4万1,980円(24回払い可能)
OCNモバイルONE 現時点で不明
市場想定価格 5万円前後

※MNP:電話番号をそのままに回線契約を他社から乗り換えること

まとめると、MNPで値引きになるIIJmioが最もお得。また、1月31日までのキャンペーンで、通話定額410円割引×3ヶ月、初期費用3,300円→2,200円(税込)に。2GBプランと5分通話定額を合わせても月額940円(税込)と非常にお得に使えます。

これに対して楽天モバイルは、ポイント還元での実質価格になります。価格ではIIJmioに劣るものの、初期手数料0円なのが魅力です。

OCNモバイルONEは今後発売されるようですが、現時点で価格などな未定。SIMカードの維持費は最安級で、0.5GB/月で10分相当の無料通話(月合計)もついて550円/月(税込)。端末セットとの購入時は1GB/月プラン(税込770円)以上しか選べませんが、契約後0.5GBプランへの変更が可能です。

なお、短期解約は絶対にやめてください(例:転売目的で購入し、契約した当月に解約する等)。

各社の初期費用&月額

IIJmio、楽天モバイル、OCNモバイルONEのSIMカードを契約するにあたって必要な初期費用と月額は以下の通りです。

初期費用(税込) SIMカード最低月額(税込)
IIJmio 初期手数料
3,300円
→2,200円
SIMカード発行料

D回線:433.4円
or A回線:446.6円
2GB/月:850円
→410円(6ヶ月間)
楽天モバイル 無料 3GBまで/月:1,078円
20GBまで/月:2,178円
どれだけ使っても/月:3,278円
の三段階制
OCNモバイルONE 初期手数料
3,300円
SIMカード発行料
433.4円
0.5GB/月:550円
※契約時は1GB/月:770円から。
契約後に0.5GBプランに変更可

IIJmioについて:1つのIDでいずれかの端末で1回のみ限定特価。また、2021年12月以降に「MNP回線と端末をセットでお申し込みで端末が特別価格」のキャンペーンが適用された方は、本キャンペーンの特別価格は適用されません。

IIJmioの特徴:お得すぎるキャンペーン中!

IIJmioを提供する「インターネットイニシアティブ」は、MM総研の国内MVNO市場調査(リンク)によれば、2022年3月末時点でシェア第一位

※MVNO:ドコモ、au、ソフトバンク等のMNOから回線を借りて提供する事業者のこと

その武器は圧倒的なコスパです。例えば、2GBプランが850円(税込)、8GBプランでも1,500円(税込)とかなり安く、毎月の固定費用を抑えることができます。

主な特徴は以下の通りです。赤字が現在のキャンペーンの特典(1月31日まで)です。

ポイント

通話定額410円割引×3ヶ月

初期費用割引3,300円→税込2,200円(eSIM除く)

5Gオプションが追加料金なしで使える

プランは税込850円/月(2GB)~と格安

通話定額オプションあり(5分 or 10分 or 無制限の3種類)

余ったデータ量は翌月繰り越し可能

機能やデータ量が違っても家族でデータシェア可能

ドコモ、au回線を選べる。eSIMも対応
※eSIMはドコモ回線のみ

ワイモバイルやUQモバイルは、家族で契約していても1回線目は家族割が適用されなかったりしますが、IIJmioは1回線目もそれ以降も全部安くシンプルな料金体系。更に5Gも無料で利用でき、MNP転出料・契約解除料もなしとなっています。

\今ならお得!/

IIJmio

楽天モバイルの特徴:どれだけ使っても3,278円まで



楽天モバイルは、どれだけ使っても基本月額が3,278円(税込)と、たくさんデータ通信を使用する方には嬉しい価格設定。その他の特徴は以下の通りです。

ポイント

契約初期費用も解約料も0円

月額は3GBまで1,078円、20GBまで2,178円、どれだけ使っても3,278円の三段階制

専用アプリ「Rakuten Link」で通話料0円(一部番号除く)

eSIMが使える

5Gも使える(対応エリア限定)

専用アプリで通話料が基本無料、また契約初期費用が無料になっていることも嬉しいポイントです。

\3GBなら税込1,078円/月より!/

楽天モバイル

OCNモバイルONEって?ドコモ回線が550円から使用可能

ポイント

NTTの系列企業で安心のドコモ回線

格安SIMの中では回線速度が比較的速い

料金が月550円~(税込)とかなり安い!

ミュージック通信容量カウントフリー

5G、電話かけ放題、安心補償アプションあり

OCNモバイルONEはドコモのエコノミーMVNOに位置づけられる格安SIMで、日本全国ほぼどこでもつながるドコモ回線通信速度も優秀で、MM総研「2022年9月MVNOネットワーク品質調査」の通信速度の調査結果では一位(4期連続)となっています。

最安550円/月(税込)からと業界でも屈指の安さで、安定して速いことも考えればトップクラスに優秀なコスパSIMです。またOCN利用料の支払いでdポイントが貯まり、貯めたdポイントを料金の支払いに充当できます。

さらに「OCNマイページ」より申し込むことで、5Gオプションも無料で利用できるようになりました。

OCNモバイルONE

AQUOS sense7の特徴

AQUOS sense7は、小型軽量のミドルレンジスマホでありながら、比較的大型のカメラを搭載しています。主な特徴は以下の通りです。

ポイント

幅狭薄型軽量。横幅70mm、厚み8mm、重量158g

ミドルSoC「Snapdragon 695 5G」

最大5030万画素のデュアルカメラ

独自カメラ技術で、高速オートフォーカス。夜景も美しく撮影

省エネ「IGZO」有機ELディスプレイ

3年使用後も容量90%を保つ4,570mAh大容量バッテリー

おサイフケータイ / IP68防塵防水 / イヤホンジャック

マスク対応の顔&指紋認証 / eSIM / microSD

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiが大好き!スマートフォンやガジェットのブロガーです。皆さんに、Xiaomi製品の最新情報や、お得情報などをお届けします! ↓のTwitterアカウントでも情報を発信しているので、是非フォローしてください。

オススメ記事

-クーポン・セール情報, スマホ
-, , ,