ガジェット

1MORE SonoFlow 先行レビュー!LDAC/ノイキャン対応の高コスパ無線ヘッドフォン

ノイキャン(以下ANC)やLDACコーデックに対応したハイレゾ・ワイヤレスヘッドフォン「1MORE SonoFlow」を「1MORE INTERNATIONAL LIMITED」様よりご提供いただきました。

以下、レビューをお届けします。

やずX
やずXです。Twitterもやっているので、よろしければフォローお願いします!

1MORE SonoFlowの特徴

サウンド面の仕様

1MORE SonoFlowのサウンド面の仕様は以下の通りです。

サウンド

40mmダイナミックドライバー搭載

LDACコーデック対応

ハイレゾオーディオ認証(有線・無線)

グラミー受賞エンジニアによるチューニング

独自アプリのイコライザー対応

その他の機能や仕様

1MORE SonoFlowのその他の機能や仕様についての特徴は以下の通りです。

機能・仕様

ANC & 外部音取込に対応

有線・無線どちらも対応

ANCオンで最大50時間の音楽再生

ANCオフで最大70時間の音楽再生

5分充電で最大5時間再生可能な急速充電対応

価格

以上の通り、Hi-ResオーディオやLDACコーデックに対応し、ANCやQi充電等も備えたハイエンド製品となっています。

Amazonや楽天での通常価格は税込1万3,990円ですが、発売記念セールでお得に購入することが可能です。詳細は以下の通りです。

お得なクーポン情報

クーポン:3,000円OFF(販売ページで配布)

期間:2022年9月15日(木)~2022年10月18日(火)

これにより、税込1万990円での購入が可能です。

1MORE SonoFlowの本体と同梱品レビュー

1MORE SonoFlowのパッケージです。1MORE製品は外装からシックなデザインでかっこいいです。

やずX
赤いロゴもイイ!

背面には各種認証マークがあり、もちろん日本の技適も取得しています。製品の内容物は以下の通りです。

内容物

・1MORE SonoFlow 本体

・専用ケース

・充電用USBケーブル(A to C)

・AUXケーブル(2.5mm-3.5mm)

・解説書等

やずX
AUXケーブルも付いてくるのが地味に嬉しい!

もちろん解説書は日本語に対応しています。

本体はパッケージから感じるイメージと変わらないデザインです。マットな質感で鈍い光沢があります。

全体的にはブラックとグレーのカラーで構成されていますが、イヤーマフの内側がレッドカラーの差し色となっています。

やずX
デザインが個人的にめっちゃ好き!

イヤーマフ左右の下側にそれぞれインターフェースが配置されています。左側にはType-C充電端子のみ。右側にはAUX端子があります。

さらに右側の裏側にもモード切替ボタン、ボリュームボタンがそれぞれ配置されています。

また、右側の表側には電源ボタンがあります。

ヘッドビームとイヤーパッドのクッションはプロテインレザー製。非常に柔らかいので長時間着けていても違和感は少なそうです。

ヘッドフォンの拡張範囲と折りたたみ角度は十分に余裕があります。

やずX
大多数の人の頭の形・サイズに合いそうです!

1MORE SonoFlowの体験レビュー

バランスの取れた音質。音場・解像感ともに良好

1MORE SonoFlow は、40mmダイナミックドライバーLDACコーデックを備えており、グラミー賞を受賞したサウンドエンジニア「Luca Bignardi」氏によりチューニングされています。もちろん有線・無線ともにハイレゾ認定も得ています。

実際にLDACコーデック対応のスマホで聴いてみました。

全体的には豊かな低音が印象的な暖かいサウンドで、優れた音場の広さがあります。また、中音域のノイズは非常に少ないように感じ、ボーカルがクリアに聴こえます。

やずX
ほとんどのジャンルに合うような万人受けするサウンドです!

さらに、LDACとそれ以外のコーデックでは、一つ一つの音の解像感に差があるように感じます。LDACの場合、特にボーカルの息遣いまで分かる繊細な表現に長けているように感じました。

1万円前後のワイヤレスヘッドフォンとしては、上々のサウンドで期待を裏切らない出来だと思います。

なお、有線で使用する場合はより低音が強調されたような音になります。個人的にはLDAC接続の方がバランスが取れたチューニングに感じました。

はっきり効果のあるANC・外部音取り込み

1MORE SonoFlowは、独自開発の「QuietMax」というアクティブ・ノイズキャンセリング(ANC)が搭載されています。

特に低・中音域での効果は大きく、キーボードやエアコンの音がスッと消え、人の声もかなり低減されます。一方、多くのANC対応製品がそうであるように、高音域の低減はそこまで大きなものではありませんが、車や電車の音など、街中で聴こえる騒音にもしっかり効果を発揮しました。

やずX
1万円前後の製品としてはかなり良い部類!

また、外部音取り込み(ヒアスルー)機能も備えています。全体的にはっきりと増幅するタイプなので、疑似的な補聴器として使えなくもありません。

良好な装着感。物理ボタンの音が少し気になるかも

拡張範囲と折りたたみ角度が広いことに加え、イヤーパッドも非常に柔らかいので装着感は良好。重量も約250gと常識的な範囲です。

一方、右側に配置されている各物理ボタンを押すと、音楽再生中でもはっきりと耳に「カチッ」という音が伝わります。この点は人によっては気になるかもしれません。

かなり良く持つバッテリー

充電は左側のType-C

1MORE SonoFlowのバッテリー持ちは十分長く、ANCオフの場合で最大70時間、オンの場合で最大50時間です。

ワイヤレスイヤホンの場合、イヤホン・充電ケース込みで30時間持てば長いと言われるくらいなので、これと比較すればかなり持ちます。

実際、筆者の場合はよく使って1日3時間程度なのですが、満充電から1週間使用してもまだバッテリーが残っていました。5分充電で最大5時間使用できる急速充電にも対応しているので、バッテリー面の使用感は非常に良好です。

1MORE SonoFlowのスペック

1MORE SonoFlowのスペックは以下の通りです。

1MORE SonoFlow
ドライバー40mm
インピーダンス32Ω
周波数応答範囲最大40kHz
コーデックSBC / AAC / LDAC
ANC対応
外部音取込対応
アプリ専用アプリ
1MORE MUSIC
Google Play, App Store
通信Bluetooth 5.0
電池容量:720mAh
ANCオン:最大50時間

ANCオフ:最大70時間
充電時間:80分
※5分の充電で最大5時間再生可
充電Type-C
サイズ170 × 192 × 82 mm
重量250g
カラーブラック

1MORE SonoFlow レビューまとめ:ANC・LDAC対応機として、安価で良好な選択肢

1MORE SonoFlowのレビューをお届けしました。

1万円前後のワイヤレスヘッドフォンとしては、LDACコーデックに対応し優れた音質を発揮するだけでなく、良好なANC/外部音取り込み機能も備えています。

近年、個性的で優れたTWS製品を次々と発表し、評価の高まる1MOREですが、同社初のワイヤレス・ヘッドフォンである本機もユーザーの期待を裏切らない仕上がりです。

やずX
1万円前後でこの音質とANC品質なら、コスパは群を抜いています!

Amazonや楽天での通常価格は税込1万3,990円ですが、発売記念セールでお得に購入することが可能です。詳細は以下の通りです。

お得なクーポン情報

クーポン:3,000円OFF(販売ページで配布)

期間:2022年9月15日(木)~2022年10月18日(火)

これにより、税込1万990円での購入が可能です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiが大好き!スマートフォンやガジェットのブロガーです。皆さんに、Xiaomi製品の最新情報や、お得情報などをお届けします! ↓のTwitterアカウントでも情報を発信しているので、是非フォローしてください。

オススメ記事

-ガジェット
-